« 中西麻由美さん(パン/8日) | トップページ | 山田亜衣さん(銅雑貨) »

2007年3月19日 (月)

アンリロ(イチゴ&ニンジン屋)

Epsn0270

あれは1年前の冬。仕事で那須に行った帰り道のこと。仕事が予定より早く片付いたこともあり、ふと、「ちょっとどこかへ寄って行こうかな」と思ったのでした。そんなときに思い出したのが、益子に暮らす旧知の陶芸家の言葉。
「鹿沼にいいレストランができたよ」

その“いいレストラン”こそがアンリロ。東京の超有名フレンチと、益子のオーガニックカフェ・ジャムラウンジで腕をふるっていた上村真巳さんが、満を持してオープンした“フレンチ・ベジタリアン・レストラン”です。

アンリロに一歩足を踏み入れた僕を待っていたのは幸せな衝撃。上村さんが、家族や友人たちの手を借りながら手づくりしたという空間(元は廃屋!)も素晴らしいのですが、なんといっても素晴らしいのが料理の数々。正直、野菜がこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。それは、上村さんが地元鹿沼の有機農家から仕入れた、とれたて野菜の“力”を存分に引き出した料理。上村さんの感性と技術に裏打ちされた料理。

とりわけ、ニンジンのフライは衝撃でした。香ばしくて甘くて歯ごたえがあって…ああ、いま思い出しただけでも体中の毛穴からよだれが垂れてきそうです。もし世界が100人の村だったら、そしてもしその村にアンリロがあったなら、ニンジンを嫌いな人はひとりもいないでしょう!

アンリロは、鹿沼市の人通りの少ない路地裏にあるのですが、噂を聞きつけたお客さんたちで連日大盛況。そんな中、大切な土曜日と日曜日を臨時休業してまで、花市に参加してくださるのです! そのわけは、「花市に来てくださる皆さんや出店者の方々にお会いしたいから」とのこと。うれしすぎますね。

花市でのアンリロは、2日間限定のイチゴ&ニンジン屋に変身! ニンジンのフライ、ニンジンドレッシング、苺のパイなどを出してくれる予定です。ニンジンのフライはもちろん、フレンチレストランでデザートを担当していたこともある上村さん率いる「アンリロスイーツ」もとってもおいしいのです! 上村さんはじめ、花市では若くて元気なメンバーが鹿沼からやって来てくれます。東京初上陸のアンリロをお見逃しなく!

|

« 中西麻由美さん(パン/8日) | トップページ | 山田亜衣さん(銅雑貨) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。