« 松尾ミユキさん(文房具とコラージュバッグ) | トップページ | もみじ市アルバム②と③ »

2007年3月 1日 (木)

大手久美さんの針穴写真ワークショップ(8日)

Jitensya

初めてその写真を見たとき、その独特な色合いやノスタルジックな空気感にノックアウト(!)されました。そしてそれが、レンズのついていないカメラで撮影された写真だと知ったときは、さらにびっくり。

そのカメラとは針穴カメラ。シンプルな“箱”に小さな穴を取り付けただけの、もっとも原始的なカメラです。わずか0.3mmの針穴が切り取るのは、どんな高級カメラでも写すことのできないスローでメローな世界。

花市では、そんな針穴写真のワークショップを行います。教えてくれるのは大手久美さん。7年前針穴写真に出会い、恋に落ちた大手さんは数々の針穴カメラを手作りし、それらが切り取る世界を写真に収めています。

Pincamhana02

今回大手さんが教えてくれるのは、トイカメラの王様HOLGAを針穴カメラに改造した「針穴HOLGA」(上の写真!)の作り方。HOLGAに使用するのはブローニーフィルムという中判フィルム。普通皆さんが使用するフィルム(35ミリフィルム)に比べてサイズが大きいので、大きく引き伸ばしてもきれいですし、6cm×6cmという正方形のフォーマットがとってもかわいいのです。

Ohana

Hitoikij

Kanransya

ちなみにこの記事の中にある写真(針穴HOLGA以外)はすべて大手さんが針穴HOLGAで撮影した写真。素敵ですねー。このワークショップに参加すれば、皆さんも針穴写真に恋をすること間違いなし!?

<ワークショップのご案内>
日時:4月8日(日) 11時30分~14時
参加費:6000円(改造用のジャンクHOLGA代含む・当日のお支払い)
定員:6人(先着順)
持ち物:カッター、カッターマット(の代わりになるもの)、定規(カッター用)
→定員に達したため受付終了いたしました。

※予約制です。参加ご希望の方は、メールの件名を「針穴写真ワークショップ」としていただき、本文中に「お名前」「電話番号」「メールアドレス」を明記の上、上記メールアドレスまでお送り下さいますよう、お願い申し上げます。

*ワークショップの流れ
針穴写真についてのお勉強

針穴HOLGAの製作(針穴作り、シャッター作りなど)

ポラロイドフィルムを装置しての試し撮り

ブローニーフィルムの入れ方を学びます

|

« 松尾ミユキさん(文房具とコラージュバッグ) | トップページ | もみじ市アルバム②と③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松尾ミユキさん(文房具とコラージュバッグ) | トップページ | もみじ市アルバム②と③ »