« 手紙の木 | トップページ | 泉龍寺のこと・花まつりのこと »

2007年4月 4日 (水)

途中経過いろいろご報告!

花市までもう少し。月日の経つのは早いですね。今日の東京はたくさん雨が降りましたが、どうか週末の分まで降って下さい!と切に願うこの頃。自称「雨男」&「雨女」のみなさんはどうか花市へ!
さて本日は、愛すべき出店者の方々から届いた花市へ向けての途中経過報告をみなさんへお届けします。

丸林佐和子さん

Cafe_bus11

Photo_11

2_7

丸林さんは、今回かわいいかわいいワーゲンバスで出店してくれることになりました! キュートな工作ケーキや工作クッキーを販売してくれるほか、「色を咲かせて花をつくろう」というテーマのワークショップも用意してくれました。丸林さん曰く、「ちょっと懐かしい気持ちになる 工作だと思います」とのこと。是非ご参加くださいね。

松尾ミユキさん

Photo_12

Photo_13

松尾ミユキさんからは、なんとも素敵なコラージュエコバッグとポストカードの写真が届きました!
「子供の頃好きだった点線を結んで絵を描いていく遊び。そんなことを思い出しながら作ったうさぎと花のエコバッグです。大きいサイズは肩から掛けられるようになっており、大根やねぎだって入ります!小さいサイズはちょっとパンや牛乳などを買ったときに活躍するサイズです。バッグの中にはアンティークのハンコを押してあります。ポストカードは花市にちなんで、花のイラストのポストカードなど、線画でシンプルに描いたもの。全部で10種類以上作る予定です。塗り絵をしても楽しいかも」
もちろんこれらはすべて花市のために松尾さんが作ったもの。ここでしか手に入りませんよ!

小谷田潤さん

Koyata_12

小谷田さんからはできたてほやほやのたくさんの器の写真が届きました。なんと花市までにもう一度窯入れをするとか! 小谷田さん、張り切っています。約束をしてくれていた「窯に入る限りの大きな花器」もみごと完成したという知らせも! 焼き締めのずんぐりした、小谷田さんらしい作品だとか。当日は、その花器に迫田憲祐さんがどんな花を咲かせてくれるのか? 楽しみです!

kata kataさん

Katakata2_1

Katakata

kata kataからは花市のために作ってくれた花の風呂敷の写真が届きました! 実は3月中旬頃、上段の型抜きの写真を送っていただいていました。これがどんな風に染め上がるのだろう、、、と楽しみにしていたら、当日に先駆けて写真を送ってくださったのです!花市をイメージした新柄。細やかな花模様と色づかいがとっても素敵! たくさん染めてくれているようですよ!

トミヤマトモミさん

Sakura02

Skura01_1

酵母クイーン(?)のトミヤマトモミさんからは、私たちも初めて見る桜酵母の写真が届きました!
「先週の土曜日に荒川の土手沿いで桜の花を拾い集めました。早速酵母を作りましたよ。この酵母でどんなパンが焼き上がるかは当日までのお楽しみです!」
ああ、桜酵母のパン!これをゲットしたあなたはきっと幸運の持ち主です!

オカズデザインさん

Kankitu

オカズデザインさんから送られて来たのは、とっても美しい柑橘たちの写真。レモネードのシロップを作るため素材たち、なんて、色鮮やか!
「三ヶ日から届いた、とっておきのおいしいオレンジで作るオレンジレモネードやすだちネードはじめ、6種類のレモネードシロップが順調に育っています。あとは当日までのお楽しみ、ということで」
そしてホットドッグは?
「ソーセージは、発色材を使っていないまっしろの長く太いドイツ風のソーセージを使うことに決めました。オカズのホットドッグのソーセージは、茹でるだけでなく、その後こんがりフライパンで焼き上げます。外皮がパリッ、中じゅわ+もちもち。ひと手間かかりますが、やっぱりおいっしいですよー」
よだれが止まらない!

cimaiさん

Cimai1

Cimai2

プクプクプク。ただいま長時間発酵中。上段の写真は粉と水とイーストで長時間発酵させたもの、これが種だそうです。下段は、この種を使って焼いたいちじくと胡桃パン。うーん。おいしそう。姉妹パン屋さんのcimaiからは、花市で販売する予定のパンの詳細が送られてきましたよ。
「クリームチーズと黒こしょう、マロンとチョコ、カカオチョコラ、食パン、イチゴのペストリー、クリームチーズペストリー、天然酵母のスコーン、天然酵母のライ麦カンパーニュ、天然酵母のいちじくパン、天然酵母の雑穀パン、天然酵母の黒糖胡桃パンなど全部で300個作る予定です!」
どれも食べたいです!

桑原奈津子さん平澤まりこさん

P1010313_1

P1010330_1

話題の二人のコラボレーション作品は、「おみくじクッキー」改め「haru no hitokoto cookie」。桑原さんの作ったクッキーの中には、平澤さんが書いた春のひとこと(もちろんイラスト付き!)が入っています。上の写真は平澤さんの書いた紙片を桑原さんのクッキーの中に入れているところ。そしてそのクッキーを、平澤さんがカットしてハンコを押したペーパーで包んで完成!もちろん、この作業はお二人が自ら行っていますよ。とっても手間と時間をかけてくださっているのです。ちなみに平澤さんの“ひとこと”は7種類あります。全部欲しいですねー。でも桑原さんのクッキーを食べてしまうのがもったいないような気も…なんていいながらやっぱり食べたいのですが(実は紙片を入れる最中に割れてしまったクッキーを試食させていただきました……お、おいしい!)

柳沢小実さん
B01

花市に合わせて作ってくれたリトルプレス「Hutte」は、花市前日の金曜日納品。ハラハラドキドキを抑えつつ、柳沢さんは先日、「Hutte」と一緒に販売する花を仕入れに、市場まで行って来たそうです。あれこれ市場中を歩き回り、仕入れて来たのは「Hutte」で巻頭特集をしているスミレの鉢植えやビオラの切り花。ビオラのブーケ、なんてかわいいんでしょう!
「Hutte」と一緒にスミレの花の愛らしさを、ぜひ感じてみてください。

delicious cloverさん

070404_153220_1

鹿沼から登場するdeliciou cloverさんは、かわいい花のモチーフのついたブローチをご用意してくれています! 花に集まる小鳥たち。仲良し2匹のバージョンもあるそうです。素材は天然石・チェコガラスビーズ・ヴィンテージ花・シェル小鳥など。
春らしいブローチをお楽しみに!

山口佳子さん

070403_163228

がんばりやの女性大工さん山口佳子さんは、なんと今週1週間、花市のために仕事を休み、ベンチ作りに励んでくれています! 「ようやく形が見えて来た」ということで、写メールを送ってもらいました。いまは座面と足を組み合わせたところ。これから仕上げに入るそうです。木の優しさと強さを生かしつつ、手作り感溢れたベンチ。これからどのように仕上がって行くのかは当日のお楽しみ。
ガンバレ!山口さん。
 
アノダッテさん

アノダッテはお花にちなんだジャムを、6種類作ってくれたそう。もちろん花市で初公開です。ちなみに、おやつは、ギリギリまでアイデアを考えて仕込んでくれるそう。楽しみですね。

植松良枝さん

春色弁当を予定していた植松良枝さんからは、「お弁当の内容を大幅に変更させてほしい」とのご連絡。そうか、、、と残念に思ったのもつかの間、変更後のお弁当もとってもおいしそう! いま、ご自分の畑ではパクチーが大豊作だとか。アトリエでは「パクチーの会」を開くほどパクチー好きな植松さん。パクチーのもっともおいしい食べ方で、お弁当を準備してくれることになりました。
「ごはんの上に2種のおかず『タイ風バジル炒めごはん』と『豚肉とインゲンのレッドカレー炒め』がのって、目玉焼きをぽんっとのせます。そしてパクチーどっさりと。エスニック弁当にしたいと思います」
これに合う汁ものとして、肉だんごと春クレソンのスープ
(または汁ビーフン)も準備中だとか。 聞いているだけで、たまらなく食欲をそそるお弁当です!

楽しみなニュースに、心が踊ります。花市当日まであと2日。何を買おうか、何を食べようか、、、そんな迷いを楽しみながらお過ごしくださいませ。

|

« 手紙の木 | トップページ | 泉龍寺のこと・花まつりのこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。