« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

耳寄り情報いろいろ
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

明日に迫った「東京で種をまく。」。今日は全野菜なので…、もとい、前夜祭なので、耳より情報をまとめてお届けいたします。お届けしたい情報は6つ。かなり長文ですが、楽しい情報盛りだくさんなので、お付き合いくださいね。

●種まき体験と畑懐の土

野菜は誰が育てるものでしょう? 人間? いえいえ、私たち人間は野菜が育つのを手助けしてやるだけ、のような気がするのです。では、野菜を育ててくれるのは…? そうです。土です。たとえ同じ種をまいたとしても、土によって、野菜の生育や味は大きく変わってきます。

光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)という種屋さんがあります。僕たちが畑を始めた3年前から種を購入している、浜松にあるお店です。なぜ僕たちがこのお店で種を買っているかというと、日本で古くから育てられている野菜の種を、とっても真摯に取り扱っているから。

畑懐代表の中村さんは、今回のイベントに快く協力してくれているのですが、その中村さんが10年以上かけて開発したのが「畑懐の土」。雑木の枝や葉、草を材料にして、有効微生物群が長期間安定して活動する堆肥を作り、それを土と混ぜ合わせることによってできる、植物が健全に育つ“ふところ”の深い土です。

Rucola

プランターで野菜や花を育てる人が増えてきましたが、一度使った土が“死んでいき”、その多くは捨てられているという現状があります。つまり、野菜を一度栽培したら土を捨て、新たに培養土を買って一から育てているのです。

「畑懐の土」はそれらの土とは異なります。まず、「畑懐の土」で野菜を育てます。健全で元気な土なので、野菜も健全に元気に育ちます。収穫が終わったら、少し土を混ぜます。これを野菜を育てるたびに続けることによって、年々土が元気になっていきます。つまり、手入れをされているぬか床のように、どんどん“おいしい土”になってくるのです。

「東京で種をまく。」がテーマの今回のイベントにはぴったりのこの土。先日ご紹介したRARI YOSHIOさんの種まきセットと、その場で種まきができる種まき体験セット(畑懐の土+プランター+ルッコラ or ラディッシュ or 春菊の種)に使われています。ご希望の方には、土単体の予約販売も受け付けておりますのでお申し出くださいね。

ちなみに上の写真は、手紙社の事務所ベランダで育つルッコラ。同じ種を同じ日にまいたのですが、右が畑懐の土で、左が近所のホームセンター“U”で購入してきた一般的な培養土(見た目がすでに違いますね)。面白いことに、種をまいて一週間くらいは、ホームセンターの土の方が、生育がよかったのですが、そのあとはご覧の通り。

まだ収穫するには時間がかかりそうですが、驚くことに味わいも違うのですよ。畑懐の土のほうは、ピリッと辛く、それでいてマイルドな後味。ホームセンターの土の方は、苦みが立っている感じがします。不思議なものですねえ。ROBA ROBA cafeに、両方とも持っていこうと思っていますので、ぜひつまんで食べ比べてみてくださいね。

●HORTUS社・FRANCHI社(イタリア)と、CATROS社(フランス)の種

Hortus

量り売りの種以外にも、見ているだけで楽しい、イタリアとフランスの種を販売します(上の画像のような種袋に入っています)。今回はとくに、ちょっと珍しい野菜の種、ハーブの種、花の種などを厳選してみました。内容量が多く、発芽率も高いので、時期をずらしながら、数回に分けてまいてみてくださいね。

●種の展示

ROBA ROBA cafeの壁面を使って、種そのものの展示をします。たとえば、ホレンソウの種がどんな形をしているか想像できますでしょうか? 種を見ていると、この一粒からたくさんの花や実ができるのはすごいことだなあ、と思います。命の源である美しい種を目で見て、手で触れてみてくださいね。

●まっちんのおこわ!(3/4のみ)

何度かこのブログに登場していただいている、三重県伊賀市のとってもおいしい和菓子屋さん「まっちん」。その店主・まっちんが以前送ってきてくれたおこわの味が忘れられず、日曜日に東京に来ていたまっちんに懇願。その願いをまっちんが叶えてくれ、3月4日限定で、「豆=種」がいっぱい入ったおこわを準備してくれることになりましたよ。すべて地元の無農薬の素材で作ったおこわ。滋味深い味とはこのことです。

Mameokowa

さらに、まっちんのおこわに合わせて、ROBA ROBA cafeの店主・いのまたさんが、おみそ汁を作ってくれることになりました。手紙社が愛するたむらやの生姜の味噌漬けもちょこっとおつけします。数量限定ですのでご了承くださいね。

*お持ち帰りはできませんのでご了承ください。

●二象舎の新作を公開!

今回のイベントのために、遠く山口県から参加してくれる二象舎の原田夫妻からメールが届きました。今回のために製作してくれた新作「Decoy」が完成したとのこと。ワオ! 特別に動画を公開しちゃいますよ。かわいいなあ。こ、これ、いったいどんな仕組みになっているのでしょう? 知りたい方はぜひROBA ROBA cafeへ! 僕も知りたい。 

●CAFE KOBILUのお焼き(自然農のワークショップのおまけ)

Kobilu

課外授業となる自然農のワークショップ ですが、おかげさまをもちまして満員御礼となりました。参加する皆様におまけとしておつけする、CAFE KOBILUのおやき(幸せなおいしさです)に関する情報を、手紙社諜報員が入手しました。今回僕たちは KOBILUちゃんに「ワークショップに参加する皆さんにおやきをひとつ!」とお願いをしたのですが、なんと、小さめのお焼きをふたつ作ってくれることに! そのお焼きとは、「菜の花の塩づけと高野豆腐、コンニャクなどが入ったおやき」と「ドライフルーツの入ったおやき」のふたつ(予定)。いずれもお店では出していない、今回のために作ってくれたものですよ。ワークショップに参加する皆さん、どうぞお楽しみに(ちなみに上の写真はふだんお店で出されているおやきセットです)。

今日は雪から雨に変わるあいにくのお天気でしたが、明日、明後日はお天気が良くなりそうですね。種まきに最も適しているのは、雨が降った翌日なのです。ということで明日は種日和。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

|

2009年2月26日 (木)

アノダッテの種カフェ(3/1のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

さあ、みなさん。子供も大人も大好きな、アノダッテの登場です。

Dessert

玉川上水沿いの小さなお店で買ったジャムを食べて以来、僕たちはアノダッテに恋をしてしまったのかもしれません。あれ以来、もみじ市と花市はもちろん、何かイベントを行うときは、アノダッテにラブコール(死後?)を送り続けています。

というのも、いつもアノダッテは、それぞれのイベントのテーマやターゲットに合わせて、新しいことを考えてくれるから 。そして、当日出てくるメニューが、見ているだけでわくわくしてくる、素晴らしくおいしいものばかりだから。

Sandwich_2

はっきり言えば、きっと、それぞれのイベントのときだけしか食べられない、スペシャルなスイーツやおやつを、なによりも“自分たちが食べたいから”、お願いをしているのかもしれません(カミングアウト!)。

ほら、今回も! 写真を見ているだけで(全体像が早く見たい)、ほっぺが落ちてきそうでしょう? そのほっぺ、落ちないように日曜日までおさえておいてくださいね。今回のイベントに合わせて、アノダッテがまいてくれた種は…? ふじもとさんの楽しいコメントをどうぞ!

*アノダッテ ふじもとようこさんからのメッセージです!

「たねたねたねたね
 たべるたね
 いろいろあるよたべられるたね

 どんなのあるかな?くるくるあたまのなかでかんがえてみる
 いがいと身近にたくさんたくさんあるんだね」

小さなしあわせの種は
わたしたちのまわりにあふれている
きづくかきづかないか
きづいたらそれだけでもうしあわせよ。
玄関のとびらをあけたらチューリップのつぼみが昨日よりふっくらしていたあの日
ありあわせの材料で作ったおやつを「うまいっ!」てとびっきりの笑顔で言ってもらえたあの日
大切なだれかがそれをおいしいと言ってくれたなら
その日が記念日になっちゃうような!
そんな身近な存在の種のおいしさをみなさんにおすそわけ(^^)

先日、自由が丘のキャトルセゾン・トキオさんで限定販売させていただいた
まめまめコンビの「ヘーゼルナッツのチョコクリーム」を使ってデザートを。
そう!チョコレートだって種からできているのだ!
カカオ豆(カカオの木の果実の中にある種子)から作られるみんなだいすきチョコレート!
アノダッテくんがひとくち食べてにっこにこになったデザートさ!
ちびっこからおとなまでだれもがしあわせになれるにこにこおやつ!
そこにしあわせ食堂さんにもお手伝いしてもらって、メインのデザートの前菜には、
おいしい卵とグレープシードオイルで作った自家製マヨネーズとつぶつぶたねたね粒マスタードをたっぷりぬって、成城城田さんのハムをはさんだサンドウィッチ。
そんないつものおやつでみんなの心と小腹を満たせたら
アノダッテのしあわせの種も芽吹くのです(^^)

そう!いつだってだれかがだれかの種にお水と栄養を与えることができるのです。

|

2009年2月25日 (水)

RARI YOSHIOさんの種と庭のプロダクト~JARDIN BLANC~
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

今回のイベントでうれしかったことのひとつは、尊敬するクリエイターであるRARI YOSHIOさんが参加してくれたこと。

イラスト(書籍の装画やCM、教科書の表紙まで!)、プロダクトデザイン、ショップ・プランニングなど、幅広い分野で活躍するRARIさん。その作品は、降り積もる雪のように限りなく白に近く、鳥が飛び立とうとする空のように透明感のある、優しくて美しい作品なのです。

Tomato

ミニトマト、ルッコラなど4つの種のパッケージにプランツラベルをつけて

先月、久しぶりにRARIさんと食事をする機会がありました。植物や、動物や、土や、雪を愛するRARIさんは、約一年前に那須に移住しました。畑を耕しながら大いなる自然に囲まれて暮らし、それをまた作品に取り込み、ますます意欲的に活動しています。

Clover

シロツメクサの種セット

今回のイベントのことを話すと、RARIさんにはとても興味を持ってくれました。何というタイミングか、「ちょうど種の袋をデザインしたいと思っていた」と言ってくれたのです! 

そうなのです。はっきり言って、市販されている日本の種の袋は、素敵なものがほとんどないのです。そこで今回RARIさんは、このイベントのために、種のパッケージをはじめ、さまざまな“作品”をデザインし、自らの手で作ってくれました。「美しく楽しい農的暮らし」を提案していきたい僕たちにとって、そしてRARIさんにとって、大きな歩みの“最初の一歩”をお見せできる機会だと思っています。ぜひ皆様に見ていただき、手にとっていただきたいと願っています。

Basil

バジルの種まきセット。秘密の土(後日紹介)もセットになっています

Glove

ガーデングローブ。いずれも、ギフトにも最適だと思われます

このほかにも、ガーデンスコッップやポストカードなどが並ぶ予定。どうぞお楽しみに!

*RARI YOSHIOさんからのメッセージです!

那須に暮らし始めて、いままで以上に自然を身近に
感じるようになりました。
自然に癒されながら、同時に自然の怖さも感じています。

種の袋をつくりたい・・・庭のひまわりを眺めながら
ふとそう思っていたことは、今回のことにつながり、
どんどん広かっていくように思います。
きっとこれは、神さまからのメッセージ。

ひとつぶの種から始まること。考えること。
そのきっかけのひとつぶになりますように・・・。
 

|

2009年2月24日 (火)

cimaiの種パン(3/3のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

一昨日の日曜日、東京に出てきていた三重県伊賀市の和菓子屋さん「まっちん」の店主・まっちんと小昼でご飯を食べていたときのこと。まっちんが頻繁にこう言うのです。
「cimaiさんのパンって本当においしいですよね」
昨年、はじめてcimaiのパンを食べたまっちんはそのおいしさに感動し、「できるなら全種類注文したいんです」と、繰り返していました。

最近、cimaiのパンはどんどんおいしくなるなあ、と僕たちも感じていて、それが、遠く離れた伊賀に暮らす(味に厳しい)まっちんにまで伝わっていると思うと、なんだか僕たちもとっても嬉しくなってくるのでした。

Cimai

今回このイベントを考えた時、「種」を使った美味しいパンを作るcimaiのお二人にも、当然のことながら声をかけさせていただきました。さて、今回登場するパンは……?

*cimai・三浦有紀子さんからのメッセージです!

今回のイベントでは、 種をイメージしたパンを作ろうと思います。 種をイメージした形のパンや、種(ひまわりの種、くるみ)が入ったパンを用意しようと思っています。

※当日、cimaiのお二人はいらっしゃいませんのでご了承ください。

さて、冒頭に登場したまっちんが、近日このブログに登場予定。お楽しみに!

|

2009年2月23日 (月)

いろいろな種を量り売り
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

「量り売り」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? 醤油? みそ? 焼酎? 

ご存知の方も多いとは思いますが、かつては「種」も量り売りだったのです(いまでも一部の種苗店ではおこなっています)。しかし、現在ではこのやり方で種を販売するのは容易ではありません。でも、自分が欲しい種を欲しい数だけ買えるというのは、言ってみればリーズナブル。特にキッチンガーデナーにとっては、「1種類当たりの種は少しでいい」という思いもあるのではないでしょうか。

Salad

そこで、今回、「東京で種をまく。」では、種の量り売りを行うことにしました。いろんな種(野菜)に興味を持ってもらえたらな、という思いで、35種類の種を準備しました。本日はそれらの種の中から、12種類の種を紹介します!

●クッキングトマトなつのこま…日本で育種した調理用トマト。煮込むとトロリ。生も良し。

●長崎長ナス…長さ35cmにもなるナス。樹勢強く、丈夫で老化が遅くいつまでも柔らかい。

●バナナピーマン…長いししとう型で、クリーム~イエロー~オレンジ~赤と色が変化。作りやすく多収。

●長うずら豆…かわいいうずら模様の豆。完熟の豆を煮て食べると最高の味わいです。

●早生茶豆…風味と甘味が抜群。ゆでると甘い香りが。「枝豆ならこれ!」というファン多し。

●赤花絹さや…ベランダでも栽培簡単。とっても簡単で味は絶品。つるあり。

●一口人参…ウインナーサイズくらいのかわいい人参。プランター栽培も簡単。

●ビーツ…芯まで赤い丸大根。ボルシチやシチューにも。ベビーリーフとしても。

●エゴマ…しその仲間。焼肉を巻いて食べれば最高です。葉は漬物に実は油に。栄養満点です。

●コリアンダー…別名パクチー。ベトナム、タイ料理などには欠かせないハーブ。

●空心菜…別名エンサイ。これさえあればおうちがベトナムの食卓に。炒めてもお浸しでも。

●カモミール…リンゴの甘い香り。お茶にはもちろん、そこにあるだけで癒されます。

スーパーや八百屋では買えない野菜も(価格が高い野菜も)、自分で育てれればいいのです! いずれの野菜も、プランター(ベランダ)でも育てられますよ(簡単なものと頑張りが必要なものがありますが)。それぞれの種の形もとても興味深いので、ぜひ目で確かめて、そして、あなたの手で土にまいてくださいね。

|

2009年2月20日 (金)

小谷田潤さんの種入れ
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

情熱の陶芸家も、「東京で種をまく。」に参戦です。

Koyata

小谷田潤さんは、僕たちが初めてもみじ市を企画した時に、いちばん最初に参加を表明してくれた方。いまでは大人気の陶芸家となった彼ですが、いつまでも「最初」を忘れない尊敬すべき“男”です。僕たちもそういう気持ちを忘れないように、なにかコトを起こす時には小谷田さんと一緒にやりたいと、いつも思っています。

今回のイベントでもそれは同じ。情熱の陶芸家にひとこと、こうお願いしました。「種をテーマにした新しい作品を作って欲しい」。どんなときにも真摯に考え、新しいトライをしてくれる小谷田さんが今回作ってくれたのは、また乙女心をとらえそうな・・・(本当にきれいなふたもの)。詳しくは、小谷田さん本人のコメントでご紹介しましょう。

Koyata2_2 

*小谷田潤さんからのメッセージです!

このイベントの話をもらってから、何を作ろうかとあれこれ悩みました。結局、「種入れ」という直球勝負で行くことに決めました。

種はすべてのはじまりであり、何より大切なものなのかもしれません。そんな種をもっと大事にとっておけるように…。という思いで作りました。また、ロバロバカフェでの開催ということで、敬意を込めてマスキングテープを利用して、模様もつけてみました。

種が入っていそうな、少し土くさい器ができたと思います。みなさんの手にとってもらえると嬉しいです。

|

2009年2月19日 (木)

ばばじごはんの種カフェ(2/28のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

「東京で種をまく。」 at ROBA ROBA cafeの初日(2月28日土曜日)、なんと、広島からとってもおいしいご飯屋さんがやってきて、出張カフェを開いてくれます。そのご飯屋さんとは、ばばじごはん

Niko_and_goma_2

ばばじごはんの店主・タナカセイコさんとの出会いは、昨年のもみじ市の時。小谷田潤さんの器を使っているとってもおいしいご飯屋さんなのだと、陶芸家が紹介をしてくれました。縁とは不思議なもので、そのひと月後、僕は友人の結婚式があり、人生で初めて広島へ行くことに。その時に立ち寄って、いただいたばばじごはんの食事が、なんとも滋味深くおいしいものだったのです。

特に印象に残っているのが、味たまご。一緒に食事をとっていた二象舎の原田氏が、「このたまごはいつも取り合いになるんですよ」というほど。うーん、確かに。

ここで気づいた皆さんは鋭い! 「たまご」は「種」です。そうです。今回、ばばじごはんのセイコさんはたった一日のために広島からやってきてくれ、このイベントのために考えた「種」をテーマにしたランチプレート、スイーツ、ドリンクを振舞ってくれますよ。内容は以下のとおり!

Plate_2

【プレート】
・味たまご
・変わり種玄米ボール
・ひまわり種ペーストをサンドしたイナゴ豆ニコクラッカー
・ごまごまボールからにょっきり芽が出たフィンガーフード
・蕎麦のスプラウト(写真ではせりを使っています)
・具だくさん豆乳チャウダー

【スイーツ】
・ドライフルーツと種のケーキ
・ポピーシードのケーキ

【ドリンク】
・バジルシードのカモミールティー
(バジルシードを水に入れると、タピオカみたいに膨らむのだそうです!)

さらにさらに。今回のイベントに合わせて、“取り合いになるほどうまい”、ばばじごはんの味たまごを誰でも作ることができる、「ばばじごはんの、味たまごの決め手」(レシピつきのたれ)を開発しました! 数量限定ですのでお早めにお買い求めくださいね。

*ばばじごはん・タナカセイコさんからのメッセージです!

大切に種を蒔き春を待つ、このウキウキした気持ちを込めて、
食べて楽しくなるような種メニューを考えています。
お皿を前にした笑顔を想像しては、わたしがにやけています。

[ばばじごはん]の種は、たくさんの出逢いでできています。
出逢いの種がにょきっと芽を出して、[ばばじごはん]の料理になって
また新しい出逢いが生まれたらうれしいです。

|

2009年2月18日 (水)

二象舎の種も仕掛けもあるオートマタ
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

「東京で種をまく。」 at ROBA ROBA cafeに、オートマタがやって来ます! オートマタとは、西洋式からくり人形のこと。ハンドルを回すと、あら楽しい! なんともユーモラスな動きをしてくれるのです。

Shower

今回のテーマにぴったりの作品『shower』

このオートマタ、日本ではプロで活躍している作家さんは数えるほどしかいません。そのうちのひと組が、二象舎の原田和明・めぐみ夫妻。お二人の手から生まれるオートマタは何ともかわいい! その動きがとてもユニークなのはもちろん、置いてあるだけでもほら!

Cheesepicker

今回のイベントのために制作してくれた新作『チーズ泥棒』

実は、二象舎のオートマタとの出会いは3年以上前。僕が偶然たどりついたwebサイトに掲載されていたその作品に一目ぼれ。その時はメール交換をしたものの、遠方ということもあり、それっきりになってしまいました。しかし昨年の11月、友人の紹介で(偶然)、運命の対面を果たしたのです。

今回僕たちが「種」をテーマにしたイベントをやることを発表した時、原田さんが「種も仕掛けもあるオートマタはどうでしょう?」と提案してくれ、「ぜひ!」ということになったのです。めったに直接見ることができないオートマタを、ぜひ皆さんの目で確かめてくださいね。もちろん、ハンドルをぐるぐるっと回すのを忘れずに。どんなふうに動くのかは当日のお楽しみ!

Decoy

ただいま製作中、卵を産むデコイの試作。楽しみ!

*原田夫妻からのメッセージです!

『東京で種をまく。』
ふふ、何か楽しくなるタイトル!
種、タネ、たね・・・
心にまかれた種は
スケッチブックの上に芽をだし、
机の上に花を咲かせ、
手の中で、実になりました。
そんな僕らの作品を、また「種」として
みなさんの心に種まきできたらいいな、と思ってます。

※2/28と3/1は、原田夫妻が山口県から駆けつけてくれますよ!

|

2009年2月17日 (火)

LOUTOの田中さん

Senbei

午後、いつもなにかとお世話になっている業界の大先輩・Aさんにご紹介いただいて、ある出版社へ。いろいろと楽しいお話が聞けてうれしかった。

その頃、事務所ではスタイリストの四分一嬢にも来てもらって、「東京で種をまく。」の準備をもりもり。懸案事項がひとつひとつ解決され、あとは実作業。女子チームが、すごい集中力を発揮し始めている。

夜、昨年広島に行った時に立ち寄った素敵な生活雑貨店「LOUTO」の店主・田中さんが事務所に遊びに来てくれた。上の写真は、お土産にいただいた藝陽堂の頼山陽煎餅。宮島のしゃもじ型がかわいい! 

事務所を出てみんなで夕ごはん。美味しいものを食べながらみんなで笑いっぱなし。遠く離れた場所に暮らす人と友になれるのは素晴らしいことだなと、しみじみ。 

|

2009年2月16日 (月)

週末の出来事

An

たくさんの人と出会った週末。

●2/13

某出版社のMさんと一緒に、鹿沼のアンリロへ。久しぶりに訪れたけど、またまたパワーアップしている。上の写真はメインのお米料理。ご飯の周りにかかっているグリーンのソースはホウレンソウのソース。オーナーシェフの上村氏が、その場でかけてくれた。演出も素敵。ということで、口から出るのはまたこのセリフ。「野菜だけの料理がなぜこんなにも美味しいのか」

その後、開店前のペリカンに顔を出して、一路東京へ。6時半過ぎ、UP FIELD GALLERYへ着くと、寺澤巨匠の個展のオープニングが始まっていた。もみじ仲間の造形作家・丸林佐和子さん、やはりもみじ仲間の建築デザイナー・井田氏、B芸S秋のAさん、他にも知り合いの編集者やデザイナーの方などたくさんいて幸せな雰囲気。その中で、充実した顔の巨匠。「今日のお手紙」にメールをくれたことがきっかけで寺澤さんのアシスタントをしているS君も、うれしそうにみんなにワインを注いでまわっている。こういうの、いいな。壁に所狭しと飾られた写真は圧巻。本当に素晴らしい。丸林さんの素敵なレポートがあるのでぜひ

●2/14

この日は、料理家のHさんの結婚パーティ。雑誌や書籍、テレビなどで大活躍しているHさんだけに、招待客の皆さんがそうそうたる面々。お料理も、Hさんが全国から選りすぐった美味しいものばかり。食いしん坊にはたまりません。個人的には一度食べたみたかった笹巻けぬきすしがかわいくて美味しかった。

●2/15

午前中畑に行った後、もみじ市事務局のスタッフでもある宮田智恵子さんのみずたま雑貨店の展示を見るために西荻窪へ。最終日にようやく。着物に身を包んだ宮田さんがとってもいい顔をしていて、なんだかこちらもうれしかった。“幻のロールキャベツ”・すみやの角田夫妻にも遭遇。

その後、二子玉川へ。KOHOROで行われているkata kata展へ滑り込みセーフ。新作品の型染めストールが興味深かった。この日は、アノダッテの出張カフェもあり。カステラが美味しい。いつも新しいものを見せてくれるなぁ。写真家のキッチンミノル氏にも遭遇。

夜は、東京に出てきていた北軽井沢のカフェ麦小舎(森に佇む素敵なブックカフェです)の店主・藤野さん、ユルリナのshachi嬢とお食事。藤野さんとshachi嬢は以前からのお知り合い。世間は狭い。食事をしながらみんなでも話したけれど、感性が近いと、きっといつか“出会ってしまう”ものなのだという気がする。

濃い週末。楽しい週末。刺激を受けた週末。

|

2009年2月12日 (木)

竹内孝功さんによる自然農ワークショップ
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

Radish

2月28日から3月4日にROBA ROBA cafeで行われる「東京で種をまく。」。本日は、とっても貴重な自然農のワークショップ(課外授業)のご紹介です。なぜ貴重かといいますと、東京で自然農のワークショップが行われることは(しかも実地で)、ほとんどないからです。

僕たちは地元の仲間と3年前から畑仕事をしているのですが、農薬はもちろん、肥料さえ使用したことがありません。それでも季節ごとにそれなりの作物を収穫できるのは、竹内孝功さんに自然農の技術と考え方を学んだからだと思っています。

Hatake_2

竹内さんとは数年前、雑誌の取材を通して知り合いました。当時、どうにも正体がつかみにくいような気がしていた自然農とはいったい何なのか、を確かめるためでもありました。

一年間竹内さんの元で学んでわかったことは、自然農とは作物を育てる“技術”のひとつであるということ。そして、その技術とは、誰にでもできる簡単な技術であり、極めて理にかなったものであるということ。作物が、草が、木が、虫が、人が、心地よく暮らしていくために、とても理にかなった“考え方”でもあると思うのです。

いつか竹内さんのワークショップを東京でも実現できたらな、と思っていたのですが、竹内さんは今回のイベントに共感してくれて、長野県安曇野市からやってきてくれることに!

竹内さんのお話は聞いているだけで本当に面白い。自信を持ってお勧めできるワークショップなので、ぜひこの機会にご参加下さい。

*竹内さんからコメントをいただきました!

「農薬・肥料を使わず、草と虫を敵にせず、耕さない自然農の種が東京に蒔かれることが楽しみです」

【ワークショップ概要】
日時:3/1(日)→11:00~13:00(定員に達しました
        3/2(月)→10:00~12:00(定員に達しました
内容:自然農のはじめ方、自然農の畝の作り方・種の蒔き方などの実践、自然農の考え方のお話
参加費:各回2500円
定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。

●CAFE KOBILUのおやきが付いてます(竹内さん→長野→おやき→KOBILU!)。
●野菜の種の詰め合わせも付いてます。
●狛江市の畑での課外ワークショップになります(小田急線狛江駅・京王線仙川駅からバスで15分程度。お申し込みをいただいた方に、バスの乗り方と地図をお送りする形をとらせていただいています)。
●ただし、雨天の場合は、室内での講義になります。

[ お問い合わせ先 ]
手紙社
tel.03-5497-5408
otegami@tegamisha.com 

|

2009年2月10日 (火)

芽が出た!

Megadeta

先日種をまいたルッコラ、サラダ春菊、ラディッシュ、バジルの芽がすべて出ました! 芽が出たら新聞紙をはずし、おひさまの光をたっぷり与えます。ルッコラくらいは、イベントの時に皆さんに見てもらえるかどうか…。

今日は一日デスクワーク。書籍班は、原稿の最後のつめ。イベント準備班は、栽培レシピを作っていきます。夕方、もみじ市事務局のハヤカワさんが来てくれて、栽培レシピのレイアウトを相談。着々と準備は進んでいます(と信じたい)。

|

2009年2月 9日 (月)

手紙社イベント「東京で種をまく。」のお知らせ

You_need_seeds_5   

東京で種をまく。
2009/2/28.sat ~ 3/4.wed
at  ROBA ROBA cafe

ほんの小さなスペースがあれば
種はまけるのです。

[ CONTENTS ]
種の展示と量り売り
その場で種まきを体験しよう
RARI YOSHIOさんの種とガーデングッズ

種をテーマにした「種カフェ」
2/28(土)→ばばじごはんによるカフェ
3/1 (日)→アノダッテによるカフェ

cimai の種パンの販売(3/3)
まっちんの豆おこわ(3/4)
小谷田潤さんの種入れ
二象舎の種も仕掛けもあるオートマタ

竹内孝功さんによる自然農ワークショップ
3/1(日)→11:00~13:00 →定員に達しました
3/2(月)→10:00~12:00 
→定員に達しました
● 各回2500 円の予約制です。
詳しくはこちら
CAFE KOBILU のおやきと、野菜の種の詰め合わせ付き)
● 狛江市の畑での課外ワークショップになります。
(狛江駅・仙川駅からバスで15分程度)

● ただし、雨天の場合は、室内での講義になります。
※定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。

[ お問い合せ先 ]
手紙社
tel.03-5497-5408
otegami@tegamisha.com

[ 会場 ]
ROBA ROBA cafe
東京都世田谷区経堂2-31-20
tel.03-3706-7917

このイベントを企画するにあたって

春は種まきの季節。そして、「農的暮らしを楽しもう!」というのは今後、手紙社が提案していきたい“柱”の一つです。その第一弾として今回のイベントを企画しました。
自分で種をまき、野菜や花を育てるのは本当に楽しいもの。僕たちは3年前から畑を耕しているのですが(正確には自然農だから耕していないのですが)、野菜を育てる生活というのは、毎日の暮らしに素晴らしい充実感を与えてくれます。ぜひ皆さんにもこの充実感を味わってほしい。
たとえ畑がなくてもお庭がなくても、「どこでも種はまけるのだ」というメッセージを「“東京”で種をまく」という言葉に込めました。「ペット禁止」のあなたの部屋も「種まき禁止」ではないはず!
今回のイベントでは「種」というキーワードに反応してくれた素晴らしきクリエイターの方々が、さまざまな“作品”を発表してくれます。
もちろん、種の販売も。どうぞ皆さんお楽しみに。

*展示、カフェ、ワークショップの詳細は、このブログで少しずつ紹介していきます。

|

2009年2月 6日 (金)

安らぎコーナーと「あなたはゴキちゃんを“友達”と呼べるか?」

Mizuyari

今日は、とてつもなくバタバタした一日でした。ひとつの作業をしながら別の作業が気になって、事務所で、ひとりお祭り状態。しかし、どんなに忙しくても、お腹はいつものように減るのであった(「永遠の育ち盛り」と人は言う)。

バタバタしているなかにも、安らぎコーナーが。それは、ベランダにこしらえたミニ温室。昨日まいた種に水をやる。一日で芽なんて出るわけはないのに、気になるのです。芽が出るまでは上に新聞紙をかぶせて遮光します。

左のトレイと右のトレイとでは、土が違うのがわかりますか? 左は近くのホームセンターで買った土。右は秘密の土。

Cockroach

これ、なんだかわかりますか? 正解はゴキブリよけのサシェ。オーストラリアの商品らしいのですが、こんな商品のパッケージ(クラフトの封筒に入っています)がグッドデザインで感動。いや、こういった日用品にこそグッドデザインは必要ですよね。とか言って、実際には使用しないと思うのですが、まあそれはそれで…。

「GOOD BYE FRIENDS...」というのも 、しゃれっ気が効いてますね。こういうの好き。
青山のスパイラルで購入。

|

2009年2月 5日 (木)

種まきな一日

Tanemaki

朝、書籍の原稿を入稿したあと、午前中は先日の企画会議で出た書籍アイデアをまとめる作業。ランチの後は、今月末のイベントのために種まき。ルッコラ、サラダ春菊、ラディッシュ、バジルなどの種をまきました(ま、まにあうのか??)。上の写真、右のトレイと左のトレイとでは使っている土が違うのです。土によって育ち方や味がどう違うのか実験です。

種まきを終え、大急ぎで準備をして、ある出版社へ。新しく企画されている書籍についての打ち合わせ。声をかけていただけるのはうれしいことです。これもある意味種まきかな?

|

2009年2月 3日 (火)

LIBRARIES

Book1_2

お手紙でも書きましたが、イギリスから待ちに待った本『LIBRARIES』が届きました。この重厚感のある封筒。開けたいような開けたくないような。 

Book2

ジャーン。表紙から圧巻です。写真では分かりにくいと思いますが、天地約30cmの長さの大型本です。

Book3

カバーを外すとイルカさんが泳いでいました。これは版元のThames & Hudson社のロゴマーク。型押しがいい感じ。Thames & Hudson社のカバー付き書籍はみんなこうなっているんですかね? それはそれでいい感じ。

書籍班は本日も追い込みモード。3人で分担して原稿を仕上げていきます。いつもこれくらいの集中力で仕事ができればいいのですが、そうはいるか…、そうはいかないのが世の常ってもんで…。

 

|

2009年2月 2日 (月)

フェルトつけるだけ

Hannah

「お手紙」でも連載をしてくださっている永遠の“乙女ライバル”田中ハンナさんの新刊『フェルトつけるだけ』が発売になりました。とってもかわよいです。フェルトつけたくなります。リボンをつけたTシャツ、デイジーのバッグとてぶくろ、鳥のブックカバー…。フェルトつけるだけでこんな…、こんな…!

桑原奈津子さんの「米粉」をテーマにした書籍編集班はいよいよ追い込み。事務所のテーブルの上には、パソコン、原稿、レイアウト、ICレコーダー、赤ペン、甘いものなど、「編集者追い込みセット」が散乱しています。今週の半ばまでがひとつのヤマの模様。いい本になるよう頑張ろう。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »