« cimaiの種パン(3/3のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4
| トップページ | アノダッテの種カフェ(3/1のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4 »

2009年2月25日 (水)

RARI YOSHIOさんの種と庭のプロダクト~JARDIN BLANC~
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4

今回のイベントでうれしかったことのひとつは、尊敬するクリエイターであるRARI YOSHIOさんが参加してくれたこと。

イラスト(書籍の装画やCM、教科書の表紙まで!)、プロダクトデザイン、ショップ・プランニングなど、幅広い分野で活躍するRARIさん。その作品は、降り積もる雪のように限りなく白に近く、鳥が飛び立とうとする空のように透明感のある、優しくて美しい作品なのです。

Tomato

ミニトマト、ルッコラなど4つの種のパッケージにプランツラベルをつけて

先月、久しぶりにRARIさんと食事をする機会がありました。植物や、動物や、土や、雪を愛するRARIさんは、約一年前に那須に移住しました。畑を耕しながら大いなる自然に囲まれて暮らし、それをまた作品に取り込み、ますます意欲的に活動しています。

Clover

シロツメクサの種セット

今回のイベントのことを話すと、RARIさんにはとても興味を持ってくれました。何というタイミングか、「ちょうど種の袋をデザインしたいと思っていた」と言ってくれたのです! 

そうなのです。はっきり言って、市販されている日本の種の袋は、素敵なものがほとんどないのです。そこで今回RARIさんは、このイベントのために、種のパッケージをはじめ、さまざまな“作品”をデザインし、自らの手で作ってくれました。「美しく楽しい農的暮らし」を提案していきたい僕たちにとって、そしてRARIさんにとって、大きな歩みの“最初の一歩”をお見せできる機会だと思っています。ぜひ皆様に見ていただき、手にとっていただきたいと願っています。

Basil

バジルの種まきセット。秘密の土(後日紹介)もセットになっています

Glove

ガーデングローブ。いずれも、ギフトにも最適だと思われます

このほかにも、ガーデンスコッップやポストカードなどが並ぶ予定。どうぞお楽しみに!

*RARI YOSHIOさんからのメッセージです!

那須に暮らし始めて、いままで以上に自然を身近に
感じるようになりました。
自然に癒されながら、同時に自然の怖さも感じています。

種の袋をつくりたい・・・庭のひまわりを眺めながら
ふとそう思っていたことは、今回のことにつながり、
どんどん広かっていくように思います。
きっとこれは、神さまからのメッセージ。

ひとつぶの種から始まること。考えること。
そのきっかけのひとつぶになりますように・・・。
 

|

« cimaiの種パン(3/3のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4
| トップページ | アノダッテの種カフェ(3/1のみ)
on 「東京で種をまく。」2/28~3/4 »