« 終了しました。 | トップページ | 終わりと始まり。 »

2009年3月 9日 (月)

5日間の種まきを終えて。

Zentai

「東京で種をまく。」にお越しいただいましたみなさま、本当にありがとうございました。「もみじ市」や「花市」に比べたら、小さな小さなイベントでしたが、今、僕たちには静かな感動が訪れています。

1_3

自然農の講師の竹内さんが、種のまき方を実演してくれた時に、こう言いました。
「芽が出ますように、おいしい野菜に育ちますように、と願いをこめながら種をまくことが大切です」

僕たちはつい、種をまく前から、「芽が出ないのではないか」と弱気になってしまうことがあります。そうやって、種をまかないのは簡単だけど、でも、それと同じくらい、種をまいてみることは簡単なのだ…。そんなことに気づかされた5日間でもありました。

2

今回も多くの人々に支えられました。僕たちが何か“コト”を起こす時に、いつも一肌脱いでくれるアノダッテや、小谷田さんや、cimaiや、KOBILUちゃんがいて、今回のイベントのために遠くから参加してくれた那須のRARIさん、安曇野の竹内さん、浜松の畑懐さん、伊賀のまっちん、広島のセイコさん、山口の原田さんがいて…。たくさんの仲間たちや「今日のお手紙」をご覧になってくれた方々が来てくれて…。いろんな場所から、いろんな人が来てくれたことで、また何か、新しい種がまかれたように感じたのは僕だけでしょうか?

今度の週末は、僕たちもいろいろな野菜の種を畑にまいてみたいと思います。そして、「今日のお手紙」やもみじ市などさまざまな媒体を通して、これからも人と人との“出会いの種”をまき続けていきたいと思います。

いつも手紙社を支えてくれるしぶちゃん、武田さん、早川さん、そしてぴよちゃんに感謝を捧げながら。

平成21年3月吉日
手紙社スタッフ一同

追伸:
種をお買い求めいただいた皆さん、野菜の育つ様子など、ぜひお写真をお送りいただけましたら嬉しいです。

自然農ワークショップの様子は、近々このブログでお知らせさせていただきます。

|

« 終了しました。 | トップページ | 終わりと始まり。 »