« 嬉しいプレゼント、届く。 | トップページ | 机をもらいに… »

2009年4月15日 (水)

竹内さんによる自然農ワークショップのレポート その2

2/28~3/4に開催したイベント「東京で種をまく。」。本日は、このイベントの企画のひとつとして行った「竹内孝功さんによる自然農ワークショップ」のレポート・第二弾をお届けします。

Minnade

3. 畝づくり
畝づくりは、草刈り、根切り、土を盛り上げる、表面を鎮圧する、の順に行い、最後に刈った草を元に戻しました。

●仕込み
畝づくりの前に、あとで定植する苗と、植え付けする種イモの仕込みを行いました。リーフレタスの苗は、乾燥防止のために根っこに水分をたっぷり含ませました。ジャガイモの種イモは、半分に切って腐敗防止のために太陽にさらしてよく乾燥させました。

●草刈り
草は、根はそのまま土に残し、地上部に見えている草だけ、のこぎり鎌で刈りました。刈った草は後で使うので、まとめて別の場所に置いておきます。

Kusakari

●根切り
てこの原理を使いながら、スコップで土の構造を壊さないように、草の根を切りました。野良仕事は、70歳のおばあちゃんでもできるような筋肉の使い方をしないとヘタクソと言われてしまうそうです。

●土を盛り上げる
いわゆる畝づくりです。土を盛り上げ、高さをつけます。こうすることで水はけが良くなり、水腐れを防ぐことができます。また、畑と通路の違いがわかりやすくなり、モグラの侵入防止にもなります。

●表面を鎮圧する
土がフワフワしたままだと乾燥してしまうので、それを防ぐために板や手で表面を鎮圧します。こうすることで土の一体感が増し、水分が下から上がってくる「毛細管現象」を起こすことができます。

4. 苗の定植
苗の定植は、くぼみをつくる、苗を定植する、の順に行い、最後に苗と土を一体化させました。今回はサニーレタスの苗を植えました。

●くぼみをつくる
15~30cm間隔で、鳥が歩いた後のような千鳥状にくぼみをつくります。千鳥状にすることで苗同士の間隔が開き、競合させることができます。

Hogusu

●苗を定植する
櫛(くし)をとかすような感覚で、サニーレタスの土と根を少しずつ優しくほぐし分けます。こうすることでたくさんのサニーレタスを同時に育てることができます。ほぐした苗を定植します。

●苗と畑を一体化させる
根元に土をかぶせ、固めます。固めずにフワフワ浮いたような状態にしておくと、根元から乾燥して枯れてしまいます。

今日はここまで。次回は、具体的な作業である畝づくりや苗の定植についてのレポートをお届けします。

そして、来月5/10(日)と5/11(月)に、「竹内孝功さんによる自然農ワークショップ 初夏便」を開催します! 詳細については近々このブログで発表する予定。お楽しみに。

|

« 嬉しいプレゼント、届く。 | トップページ | 机をもらいに… »