« 竹内孝功さんの『自然農ワークショップ(初夏編)』&
『コンパニオンプランツで育てる無農薬プランター講座』
参加者募集!
| トップページ | 近況報告いろいろ »

2009年5月12日 (火)

米粉のお菓子づくり 「ショートブレッド」を作る

Short_bread

手紙社が編集に携わった本、桑原奈津子さん『かんたん、おいしい 米粉のお菓子』を見ながら、手紙社新人の村田が米粉のお菓子を作り、ご紹介していく“勝手にブログ内連載”「米粉のお菓子づくり」。

3回目の今回は、「ショートブレッド プレーン」(P17)に挑戦。材料と作り方は、今まで作った「しぼり出しクッキー」「型抜きクッキー」とほとんど同じ。前回の失敗を反省し、心してクッキー作りに挑みました。

毎回生地を混ぜていて思うのが、この本に掲載しているレシピは、量が少なめになっているため、混ぜていて腕が疲れないということ。気分的にとっても楽です。

今回は、ちょっとだけ自己流にアレンジ。レシピには載っていなかったクルミをみじん切りにして生地に混ぜ込んでみました。クッキーの形は四角。しぼり出しクッキーも型抜きクッキーも1個ずつ形を作っていくのですが、今回のショートブレッドは違います。ズバリ、包丁で切るだけ! 生地をひとまとめにして1枚の板状に伸ばした後、切る。我が家では毎年お正月にお餅をついて小さく切り、冷蔵庫にたくさん備蓄しておくのですが、そのときの勝手と同じでした。焼き時間は18分。今までで一番長い焼き時間でしたが、それでも18分。すぐにおいしそうな香りが漂ってきました。

まずは自ら試食してみると…おいしい! ちょうどいい甘さ。さくさくとした食感。香ばしいクルミの香り。食べ応えのあるクッキーの厚み。我が家の分はその日のうちになくなってしまいました。そして事務所に持っていくと、先輩ふたりからも嬉しい感想が! 「今まででいちばんおいしいかも」。こんなことを言われると、やる気がぐんぐん湧いてきます。

さらに、事務所に遊びに来てくれた、あのヘブンズテーブルのおふたりからも嬉しいお言葉が! 「うん、おいしいよ~」。プロの方に言われるなんて。恥ずかしさと嬉しさで心がいっぱいになりました。ああ、褒められるって気持ちが良いな。

今日はこの辺でおしまいです。次回は「クラッカー」をつくります。どうぞお楽しみに! 

|

« 竹内孝功さんの『自然農ワークショップ(初夏編)』&
『コンパニオンプランツで育てる無農薬プランター講座』
参加者募集!
| トップページ | 近況報告いろいろ »