« 建具問題その2 | トップページ | 成田さん現る »

2009年7月29日 (水)

建具問題その3

先日、ヤフオクで古い黒板が欲しくて入札をしようとしたときのこと。昔の木造の学校で使われたいたような雰囲気のいい建具(引き戸)を発見しました。そのとき、もしかしてこういう方法もあるかも! と思いました。つまりそれは、入口の所の建具を新しく作るのではなく、古い建具を使用すること。

思ったらすぐ行動。その建具を設計の井田氏に見てもらい相談。すると井田氏、「いいですねえ」とひとこと。心配だったのは、サイズが全く合わないため、うまくはめ込めるのか…?

すると井田氏が言うには、建具に合わせて工事をすればいいとのこと。高さが足りない分は、羽目殺しの窓にしましょうとのこと。それならばと、建具は古いものを使う方針に一気に方向転換。予算もそちらの方が安くすみそうですし…。

ということで先のヤフオクの建具。実は出品されていたのは1枚。しかし僕たちが使用したいのは少なくても4枚。そこで、出品者の方に「同じような建具が何枚かないですか?」とダメもとで聞いてみることに。するとお返事が。ラッキーなことに「あります!」とのお返事。やった! その建具とは…続きはまた明日。

Restroom

上の写真は昨日の様子。トイレ部分です。入り口のドア部分が小さくて、隠れ家に入っていくようで、なんだか好き。僕が嬉しそうに眺めていたら、山口棟梁が設置前の便器を持ってきてくれたのでシミュレーションしてみました。うーん、落ち着く感じ。

Restroom2

|

« 建具問題その2 | トップページ | 成田さん現る »