« 本日のお客さま | トップページ | 本棚の設置&漆喰壁への道 その2 »

2009年8月12日 (水)

漆喰壁への道 その1

Kabe

手紙社新事務所で、唯一壁がむき出しになる部分があって、それは入口から見て右側の壁。僕たちには、この広い壁面を漆喰壁にしたいという願望がありました。いいですよねー、漆喰。当初から使いたい漆喰材もあったのですが、何せこの物件が40年前に建てられた物件で、かなり荒っぽいデコボコだらけのコンクリート打ちっぱなし。これはこれでいい感じなのですが、漆喰壁にするなら、きれいな平面にしたいなーと思っていたのです。この壁面を使って、映画上映などもしたいですし…。

ということで、漆喰壁大作戦その1です。今日は、設計の井田氏が左官職人・岡寿一さんが現場に来てくれました。岡さんは、土壁の施工もできるという腕の立つ職人さん。その作業は、見とれてしまうほど美しいのでした。

1

まずは、デコボコの壁面を平らにするためにモルタルを塗るのですが…その前に、モルタルがきれいに接着するための下地調整塗在「カチオン」を 塗っていきます。

2

カチオンを塗った後。白くなっている所は、乾いてきている部分。全部乾いてからモルタルを塗るべし!

4

カチオンが乾いたらモルタルを塗っていきます。

5

このくらいの厚み。

6

どんどん作業を進める岡さん。見とれてしまいます。嘘みたいな早さであっという間に完成! 以下、施工前と見比べてみてくださいね。

Mae

これが施工前。上の白い部分は梁部分。すでに白いペンキを塗ってあります。

3

カチオンを塗り終わったところ。

7

モルタルを塗り終わったところ。一日乾かして、明日、漆喰の下地材を塗る予定です(こちらはDIYで!)。

Piyochan

本日もお客様がお見えになりました。誰かわかったらすごい(こればっか)。

|

« 本日のお客さま | トップページ | 本棚の設置&漆喰壁への道 その2 »