« 待つのって、いいかも。 | トップページ | 工事終了とキッチンのMOOK »

2009年10月29日 (木)

西へ。

今日は、ヒバリのセイコちゃんと一緒に西へ。目的はふたりの作り手に会うこと。

Wakadanna

まずは、立川市の鈴木農園へ。若旦那の富善君に会いに。富善君が手に持っているのは…その名も金時カブ! カブには見えないですよね? 葉っぱがなかったらまさにサツマイモ。

Ochan_unemaru

富善君に畑を案内してもらっていると、妻のゆみえちゃんと愛息のおーちゃんがやって来てくれました。おーちゃんとたわむれるセイコちゃん。それを横目で見ながらさびしそうに(?)通り過ぎているのは、ヤギのうねまるくんです。

もみじ市でもおなじみの鈴木農園。富善君たちが情熱をかけて育てている野菜は、本当においしくて力強いのです。ヒバリのキッチンで、鈴木農園の野菜が料理される日も近そうです。

Jonetsu_no_togeika

“情熱”と言えばこの人。鈴木農園の次は、八王子市へ。情熱の陶芸家・小谷田潤氏の工房へ。以前このブログで書きましたが、小谷田氏は、僕たちとセイコちゃんをつないでくれた「仲人」です。彼はいつも変わらない。それが嬉しい。31日の土曜日からは、やはり大切な友人である福島のあんざい家のお母さんのお店で個展です。

|

« 待つのって、いいかも。 | トップページ | 工事終了とキッチンのMOOK »