« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

文字通りの忘年会

Bonenkai

大晦日の今日は忘年会。全国からつわものどもが集い(?)、これから年末恒例のエスチャー大会を行う予定。

今も昔も、大晦日は良いですねえ。みなさん、お互い1年間頑張りましたね。お疲れさまでした! どうぞ、良いお年を!

|

2009年12月30日 (水)

築地へ。

Tukiji

今日は早朝から、年末恒例となっている築地市場へ買い出しに出かけました。不景気もなんのその、といった塩梅で大勢の人で賑わっていましたよ。

上の写真のご説明。右上から時計まわりに/まずは場外の大定で玉子焼きを購入。毎年、ものすごい行列で買うのを断念するのですが、今年は手前の肉屋さん(テレビで放映された焼き豚がすごい人気で大行列)に人が流れたためか、奇跡的にすいていたのです/大定の向かいの乾物屋さんで豆を物色中のトミヤマリーダーとシブイチさん/場外では果物も売っています。これは、果肉まで赤いリンゴ「御所川原」/場外の最奥にある松村にて、鰹節を購入。恒例行事/いざ、場内へ突入。すごい人。満員電車の中を移動するような具合です/場内ではまず、おじゃこを購入。これも恒例/セイコがに!/トミヤマ先生より大きいアカマンボウ!光り輝いていました/場内を脱出

写真には写っていませんが、このほかにもまぐろの中落ち、いくら、さわら、鮭、あんきも、メカジキなどを購入。最後は場外にて、みんなでまぐろどんぶりを食べて、帰路につきました。

|

2009年12月29日 (火)

今はもう…

Daremoinaino

誰もいない基地で、ひとりあなたのためにお手紙を書く。この手紙は、あなたのもとへ届いているのだろうか…なんちゃって。

昨年は、気づいたら年が明けてた、という感じだったのですが、今年はやけに“年末感”があります。なぜでしょうねえ。

|

2009年12月28日 (月)

エレミとtico moon、終了しました。

Kantoku

素晴らしい一日が終了しました。何だか昨日の出来事が夢のよう。いろいろ感じたことがあったのですが、ちょっと簡単には書けないな。また別の機会に書きますね。

上の写真は、たった一日のイベントのために、ソバットシアターのみなさんが持ってきてくださり、展示して下さった、エレミちゃんをはじめとする電信柱キャラクター。もちろん、実際の撮影で使われたものです。

Sign

これは終了後、サイン会の様子。子どもさんたちも喜んでくれたのがうれしかった。今だから大声で言えますが(イベント前にあんまり言うと、変に宣伝っぽいしね)、本当に素晴らしい映画、本当に素晴らしい音楽。もし、みなさんがお住まいの町の近くにエレミとtico moonがやって来たら…、いやちょっと遠い町でも、ぜひ観に、聴きに行ってくださいね。絶対に後悔はしない…、いえ、行かなければ絶対後悔します!

|

2009年12月25日 (金)

本日のお客さま

Naishobanashi

今日は、いつも手紙社を応援してくださっている文藝春秋の秋月さんと児玉さん、そして秋月さんがお連れしてくださり、ACTUSの大重さんと伊東さんが基地に来てくださいました。

秋月さんの周りにいるみなさんは、キラキラ輝いている方ばかり。今日も、ワクワクするような話が聞けて、刺激盛りだくさんでした。

手紙舎とヒバリは、今日で年内の一般営業は終了です。こうやって、いろんな方々をお迎えできる場所がつくれたことに、静かな幸せを感じる年の瀬です。

|

2009年12月24日 (木)

12月25日のヒバリのクリスマスメニュー

Hibari_xmas2

「お手紙」でもご紹介しましたが、明日夜のヒバリのクリスマスメニューはこんな感じ。

・前菜3種
チキンとキノコのテリーヌ
砂肝を使ったsomething
ナッツとドライフルーツを使ったsomething

・野菜を使ったポタージュ

・温野菜の上にフライドエッグを乗せて、とろりーんのアンチョビソース

・レバーパテとアップルペーストのミルフィーユ

・カブのファルシ(カブを丸ごとくりぬいた中に、野菜と肉が具だくさん)

・ワインとソーダのジュレ

・チキンのドリア

・大人のチョコレートケーキ

野菜はもちろん、旬の無農薬野菜を使っております。自分たちで言うのもなんですが、かなりうんまいですのよ。しめて3500円なり。お席にまだ空きがありますので、お気軽に~!

|

2009年12月22日 (火)

ヒバリのクリスマス

Pippuri

手紙社とヒバリの年内の営業は、12月25日(金)までとなります(27日はイベントのため、一般オープンはしません)。

最終日の12月25日の夜は、クリスマスメニューを準備しました。デザートも付いた3500円のコース。2名様以上のご予約を受け付けておりますので、ヒバリ(042-426-4472)までお電話を!

上の写真は本日発売の『PiPPURi』(ピップリとは、フィンランド語で「こしょう」という意味)の発送作業をしているところ。取材をさせていただいたみなさんや、関係者のみなさんのもとへ旅立って行きました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

|

2009年12月21日 (月)

ボス来る。

Fujikado_san

アリスファームのボス、藤門さんが遊びに来てくれました。かつて、『自休自足』という雑誌を立ち上げるきっかけとなった(といってもいい)方。いつお会いしてもビッグ・マン! いまもずーっと、その背中を追い続けている人です。

そんなボスと、何か一緒にできそうな予感…。子どものようにわくわくしてしまうのです。

|

2009年12月18日 (金)

ななちゃんとみやたさんのカンケイ

Nana_chie

昨年のもみじ市の事務局の一員だった、ななちゃんとみやたさんが遊びに来てくれました。ななちゃんは今年、かわいいかわいいももちゃんを出産し、みやたさんは今年、吉祥寺で雑貨屋さんをオープンしました。みな、それぞれ新しい一歩を踏み出しているなあ。この場所で会ってくれることが、なんともいえず小確幸。

|

2009年12月17日 (木)

週末、夜のヒバリは…

Hibarinoyoru

金曜日と土曜日の夜のヒバリは、お・と・なの時間。今週は、コースメニューも準備しようということになりました。新しい野菜もたくさん入ったので、お楽しみ。昼とは一味違いますぞ。

新鮮で、安全で、力強い野菜を中心にした(お肉もあります)コース。最後は、写真の左上に写っている、小谷田氏の土鍋に入った料理がふるまわれる予定。2人以上のお客さまのオーダーということをご理解いただけましたら幸いです。

もちろん、通常メニューもありますのでお気軽にどうぞ。

|

2009年12月16日 (水)

今日もアイデア会議

Kichinoyoru

今日は、某社の編集者Mさんと、お昼を食べながら夕方まで打ち合わせ。新しい本(シリーズ)のアイデア会議。今まで手紙社が手掛けたことのない分野で、かなり魅力的で、やりがいのある企画。手紙社一同燃えております。企画が通るといいなあ…。

写真は午後9時。夜の基地、いい感じです。

|

2009年12月15日 (火)

本とスコーンと…

Scone

今日は、新しい本づくりに向けてのアイデア会議day。こういう、ブレーンストーミング的な会議をしているときは、言葉を発しているときのほうが、アイデアがわいてくるような気がします。それともうひとつ。上を向いているときのほうがいい感じ。黒板が活躍するのです。

上の写真は先ほどセイコちゃんが焼き上げたばかりのスコーン。今週、ヒバリに登場予定。ちなみに、今週の「ゆっくりごはんコース」のメインはキッシュです。スコーンとキッシュのやける匂いって幸せの香りですよねぇ。

|

2009年12月14日 (月)

「おでん屋 ヒバリ」終了しました。

Oden_counter

2日間の「おでん屋 ヒバリ」が終了しました。 金曜日、開店してしばらくはお客さんがお見えにならず、「このままではただの仮装大会になってしまう!」と、隊員一同心配したのですが、その後、たくさんのお客さまにお見えになっていただきました。雨の中お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

土曜日はオープン前からたくさんのお客さまにお越しいただきました。正直、しばらくは隊員一同、地に足が付いていない状態。みなさまにご迷惑をおかけいたしました。でも、みなさん、なんとおやさしい。不慣れな隊員たちをとがめることなく、やさしい笑顔で見守ってくださいました。本当にありがとうございます。

土曜日の後半はお店全体を見渡す余裕もちょっと出てきました。テーブルのお客さまもカウンターのお客さまも、楽しそうに食事をし、語らっているお姿を見て、この、何とも言えない賑わいが、下町にある本当のおでん屋さんみたいで、じわじわとした幸福感を味わいました。お見えになってくださったみなさまに感謝いたします。

ありがたいことに「第2回をぜひ!」というお声もいただいていますので、また折を見て、今回の反省点を生かしつつ、企画してみたいと思っています。

この場を借りて、事あるごとに遠く上州から駆け付けてくれ、そっと手助けをしてくれる悪友のフジノ氏とセキネ氏に、御礼を。それと、同じ上州組のしみっちゃん。素敵なイラストを描いてくれてありがとう。

|

2009年12月11日 (金)

おでん屋、開いています。

Oden_iroiro

右上から時計まわりに、広島の農家。小田さん手作りのこんにゃく、成城城田に作ってもらったウインナーをつかったウインナー巻きとえびだんご、たまご、もちいりきんちゃく。

たくさんありますのでぜひ!

|

2009年12月10日 (木)

「おでん屋 ヒバリ」のメニュー

いよいよ、明日と明後日は「おでん屋 ヒバリ」! みなさまに予定しているメニューをお知らせしたいと思うのですが、その前に本日のスナップショットを。

Ochoushi_2

今朝、情熱の陶芸家・小谷田潤氏が、完成したばかりのお銚子をたくさん持ってきてきれました。みんなびっくり。ちょっとこれ、素敵すぎじゃないかい? “小谷田ブルー”の磁器もあり。美しいなあ。

Ochoushi_1_2

こんな風に、小谷田氏のお銚子を、小谷田氏の土鍋で温めて、熱燗で召し上がっていただくわけです。贅沢ですよね。このお銚子だけでも見る価値があります。

Ebidango

一方厨房では、えびだんごが良い色に揚がっていました。

Teba

時間が飛んで夜。鍋で煮込まれているのは鶏手羽。一品料理のジンジャーグリル(ぼく、大好き)用と、なんと、おでんにも入っちゃいます。

Tamago

こちらは玉子。いわゆるおでんの玉子と、中がトロトロの玉子(こちらもおでん。どういう風に出されるんでしょうね?)と2種類用意しております。

Seseri

「おでんといえば牛すじ」という向きもあろうかと思いますが、牛すじよりもおいしい、牛のせせり(首の部分)を入手できましたので、こちらを串に刺して供します。これ、かなり貴重です。

Shirota

8時過ぎ。隣町の成城城田工房へ。頼んでおいたものが完成間近とのこと。そうです。ウインナー巻きに使うウインナーを、城田氏にオリジナルで作ってもらったのです。

Viennna

こちらがそのウインナー。絹びきのウインナーにセイコちゃんが自ら作ったすり身を巻いていく予定。

Uzumaki

そして、成城城田工房の名物、うずまきちゃん! こちらもおでん用に作ってもらいましたよ。おでん鍋に入りやすいミニミニサイズ。並ぶとかわいいですね。

ではでは、「おでん屋 ヒバリ」で予定しているメニューをずらずらーっと紹介します。なんと、フルーツおでんも登場予定!

[おでん]
大根(東京・無農薬無化学肥料栽培の鈴木農園から)
さといも(広島・無農薬無化学肥料栽培の小田さんから)
じゃがいも(広島・小田さん)
春菊(広島・小田さん)
こんにゃく(広島・小田さんの手づくりこんにゃく)

わかめ(鳥取・ベストシーズンの初夏にとれたわかめ)
豆腐(東京・東村山市)
厚揚げ(三重)

鶏手羽(三重・抗生物質の入っていない飼料で育った鶏)
牛せせり(三重・抗生物質の入っていない飼料で育った牛)
ミニうずまき(東京・成城城田工房)

玉子(広島・海藻を食べて育った鶏のたまご)
中がとろとろ玉子(広島・海藻を食べて育った鶏のたまご)

がんも(自家製)
もち入りきんちゃく(自家製)
えびだんご(自家製)
ロール白菜(自家製)
さつまあげ(自家製)
ごぼうまき(自家製)
ウインナー巻き(自家製・成城城田工房とのコラボ)

[フルーツおでん]
キウイ(広島・小田さん)
梨(鳥取)
りんご(福島・あんざい果樹園)

[おつまみ]
ラフテー(三重・抗生物質の入っていない飼料で育った豚)
ジンジャーグリル(三重・抗生物質の入っていない飼料で育った鶏)
などなど

[お飲み物]
お酒/ビール、日本酒、焼酎(梅干し・レモンあります)、ワイン、ホットワイン、自家製サングリア
ソフトドリンク/ウーロン茶、ジンジャーエール、自家製ホットジンジャー

以上、メニューの紹介でした。ちなみに、味付けは西日本風味! 東京のおでんしか食べたことのないあなたは必食ですよ。

噂では、女性陣が近所のスーパー「いなげや」に、「かっぽうぎ売ってますか?」と電話をしていたとかいないとか。本当にかっぽうぎで登場するのか!? 明日は、店先に赤ちょうちんを吊り下げて(本当)お待ちしていますので、「おでん屋 ヒバリ」へ温まりに来てくださいね。

●おでん屋 ヒバリ
12月11日(金)12日(土)
18:00-23:00(22:00L.O.)

※[おでん屋 ヒバリ]の二日間は、お茶とおやつの時間の営業はお休みします。

12月11日(金)と12日(土)の営業時間は、
お昼ごはん 12:00-14:00
おでん屋  18:00-23:00(22:00L.O.)
です。

|

2009年12月 9日 (水)

「おでん屋 ヒバリ」レポート その1

_kitchen

はい! こちら、レポーターの手紙 舎子です。私は今、いよいよ今週末の金曜日と土曜日にオープンする予定の、「おでん屋 ヒバリ」の調理室に来ています! もう深夜に近いというのに、店主のセイコさんが、何やら作業をしていますよ。

ん? 香ばしい、良い匂い。これは……!?

Ginnan

やっぱり! 銀杏です。焼きたての銀杏の皮がきれいにむかれています。何とも食欲をそそる匂い。週末まで待ちきれません。この場で一杯飲りたい気分です!

Mochi

そしてこちらはおもち。セイコさんによると、島根県奥出雲の仁多米からできたおもちとのこと。おもちといえば仁多米! 仁多米といえばおもち! とっても美味しいおもちらしいのです。

Shitake

そしてこちらはしいたけ。広島県の農家・小田さんが栽培している原木しいたけ。見るからにふっくらして美味しそうなしいたけです!

銀杏、もち、しいたけときたら…そう! これは、「もち入りきんちゃく」を作っているに違いない! 「そうでしょ!?」とセイコさんに言ってみても、セイコさんはニヤリと笑うだけなのです。

Surimi

続いてセイコさん、タラの切り身を、すり身にしています。すり身も手づくり。うひゃー。このすり身が、ゴボウ巻きと、さつま揚げと、ウインナー巻きになる予定とか。ん? ウインナー巻き? ということは…。続きはまた明日!

|

2009年12月 8日 (火)

おでん屋 ヒバリ!

Odenya_hibari
イラスト/清水香里

先週のお手紙でもお知らせした通り、12月11日(金)と12月12日(土)の2日間、「ごはん屋 ヒバリ」は、「おでん屋 ヒバリ」になります!

店主・タナカセイコが選び抜いた食材を使い、ここでしか食べられないおでんを、情熱の陶芸家・小谷田潤氏の土鍋に入れて皆様にふるまう予定。

さらにさらに、なんと、小谷田氏が、この日のためにオリジナルお銚子を作ってくれましたよ。熱燗をご注文の方は、日本酒の入った小谷田氏のお銚子を、ストーブの上に乗った鍋の中に入れ、好きな温度にあたためて召し上がっていただくというシステム! 

また、お好きなおでんを注文していただいて、最後、おでんがささっている串でお会計という、ザッツ立ち飲み居酒屋スタイル(ふだんは雑貨やDMが置いてあるカウンターを、この2日間だけは立ち飲みカウンターにしちゃいます)。もしかしたら当日、店主が割烹着で登場するかも!?

ちなみに、上のイラストの女性は、ヒバリ店主を模したものではありませんのであしからず(それと、店内は禁煙になりますのでご了承を)。

Oden_kaigi_2  

上の写真は、本日行われた“おでん会議”。当日、どんなおでんが登場するのか? 明日と明後日、このブログで紹介しますね。

[おでん屋 ヒバリ]
12月11日(金)12日(土)
18:00-23:00(22:00L.O.)

※[おでん屋 ヒバリ]の二日間は、お茶とおやつの時間の営業はお休みします。

12月11日(金)と12日(土)の営業時間は、
お昼ごはん 12:00-14:00
おでん屋  18:00-23:00(22:00L.O.)
です。

追伸:
時を同じくして(12/11~12/13)、立ち飲み友達(?)のオカズデザインのアトリエ「カモシカ」にて、「宝グラスBar」が行われています。おでんを食べてからバーに行くべきか、バーで一杯ひっかけてからおでんを食べるべきか…。みなさん、この週末はほろ酔い気分で京王線沿線をはしご酒~♪

|

2009年12月 7日 (月)

ハッピーバースデー・トゥ・ユー♪

Birthday_cake

上の写真は、先週、セイコちゃんがお客さまのために作ったバースデーケーキ。ゴスペラーズばりのハーモニー…というわけにはいきませんでしたが、みんなで歌いましたよ。詳しい顛末はヒバリのブログにて。

|

2009年12月 4日 (金)

12月27日は、エレミとtico moonの日!

12_27_gazou

かねてよりお知らせさせていただきました通り、12月27日(日)に、電信柱エレミの恋の上映とtico moonのライブを行います。詳細は上の画像か、こちらをクリックしてください(下記も同じ内容になりますので、お読みくださいませ)。恋をするような気持ちで、年末にお会いしましょう。

※昼の部・夜の部とも定員に達しました。お申し込みいただいたみなさん、ありがとうございました!

電信柱エレミの恋 × tico moon

8年間かけて作られたストップモーションアニメーションの傑作「電信柱エレミの恋」の上映と、本作の音楽を担当したtico moon のライブが、手紙舎&ヒバリにて行われます。

完成以来、評価がうなぎ上りに高くなっている「電信柱エレミの恋」。つい先日、2009 年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の優秀賞受賞という快挙を成し遂げました。これにより、海外での上映の可能性も高い本作が、手紙舎&ヒバリのような小さなスペースで上映されることは、最初で最後かも。

しかも、今回は、“涙を誘う旋律”tico moon のライブとのセットいう、ここだからこそ実現した組み合わせ。さらに、“エレミ” の中田秀人監督自らが、完成秘話などを語るトークショーを行ってくださいます。

手紙社とソバットシアターとtico moon がタッグを組んだ、一日だけの特別限定企画。あまりにも切なく、いとおしく、ロマンティックな映画とライブを、ぜひこの機会にお楽しみください。

● 開催日時:12 月27 日(日)

◆昼の部(定員30名定員に達しました
13:00~13:50 開場時間 
                     *「ごはん屋 ヒバリ」のお食事をオーダーいただくことができます
13:50~14:35 電信柱エレミの恋・上映
14:35~15:10 中田秀人監督によるトークショー
15:20~16:00 tico moon ライブ

◆夜の部(定員30名→定員に達しました
17:00~17:50 開場時間 
                     *「ごはん屋 ヒバリ」のお食事をオーダーいただくことができます
17:50~18:35 電信柱エレミの恋・上映
18:35~19:10 中田秀人監督によるトークショー
19:20~20:00 tico moon ライブ

*当日、「ごはん屋 ヒバリ」は、tico moon のおふたりと中田監督が大好きな、“あの” 特別料理をご用意しております。

● 料金:3500 円+1DRINK(1回あたり)

● 連絡先
手紙舎&ごはん屋 ヒバリ
tel: 042-426-4383 東京都調布市西つつじケ丘4-23-35-101

企画:手紙社 ソバットシアター tico moon 協力:333DISCS

最後まで読んでくださった皆さん、「電信柱エレミの恋」の予告編をご覧ください!

|

2009年12月 3日 (木)

おめでとうございます!

Elemi

中田秀人監督・ソバットシアター制作の『電信柱エレミの恋』が、「平成21年度文化庁メディア芸術祭」の優秀賞を受賞しました。すごい! 先日お伝えしたように、本作と本作の音楽を担当したtico moonの上映&ライブイベントを、12月27日に手紙舎&ヒバリで行います。これは、なんというタイミングなのでしょう! 詳細は明日発表しますね。

|

2009年12月 2日 (水)

予期せぬプレゼント

Present_2 

師走ですね。12月は、「おでん屋  ヒバリ」と「電信柱エレミの恋×tico moonライブ」という、スペシャルなイベントが二つあります。詳細はまた後日。

今日、お店に小さなお子さんを二人連れた女性がいらっしゃいました。聞けば、今日が誕生日とのこと。ここからは素早い行動。ヨーコ社長がこっそりと基地にあった花を集めて、小さな花束を作りました。お帰りになるときそれをお渡ししたら、喜んでもらえた。

で、その数時間後。その親子が上の写真のストラップと髪留めを持ってきてくれたのです。どういうことかといいますと、実は今日は、ヒバリのセイコちゃんの誕生日でもあったのです。先のお客さんが店にいらしたとき、「同じ日ですね~」なんて話もしていたので、お礼にと、持ってきてくれたのでした。ストラップは、お客さまの手づくり、髪留めは男の子がどうしてもプレゼントしたいということで、持ってきてくれたそう。心がぽかぽか。

|

2009年12月 1日 (火)

ビックリヒバリ

Bikkuri_2 

今日は333DISCSの葉子さんが来舎してくれて作戦会議。セイコちゃんが作ってくれたまかないごはんを一緒にいただきました。上がその写真。何に見えますか? 正解はハンバーグ。上から、ニンジン(葉っぱ)のフライ、ポテトフライ、キャベツとニンジンの千切りサラダ、目玉焼き、ハンバーグ、玉ねぎのソテー。美味しそうでしょう? 美味しいのです。

セイコちゃんいわく、イメージしたのは「びっくりドンキー」。でも、本人はびっくりドンキーに行ったことはなし。目玉焼きがカリっと焼けているのは、フライパンに秘密があります。その話はまたいつか。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »