« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

陶器は奏でられた。

Goodbye_2

小谷田潤個展、終了いたしました。祭りの後、ギャラリーに残されたのは一本の矢印。この矢印は、これからどこへ向かうのか…。

|

2010年5月24日 (月)

新しい展示スペース

Newspace

小谷田氏の個展に間に合わせるべく作っていた新スペースの仕上げ作業も大詰め。今日は壁のペンキを塗り、とりあえず何とか形になった。後は少しずつ作っていく予定。みなさん、個展にお見えになったら、裏口のドアを開けるのを忘れずに!

|

2010年5月18日 (火)

森でランチ

Morinolunch

今日は暖かい一日&手紙舎とヒバリは定休日だったので、森でランチ。店屋物ですけれど。 僕が頼んだのはカツカレー。イチロー選手は毎朝奥様手作りのカレーライスを食べて球場に行くらしいです。ヒバリのランチメニューにもカレーライスがあります。これがまた本当においしいのです。手前カレーですけれど、本当に。

|

2010年5月17日 (月)

新たなるスペース?

Spaca

今月下旬の小谷田潤氏の個展に間に合わせるべく、新たな展示スペースを作っております。ま、間に合うのか!? ここがどうなるかは、まだ誰も知らない…。小谷田潤特別ブログ、みなさんのご自宅にある小谷田氏の器の写真、そしてみなさんのコメントを紹介しています。みなさん写真がお上手ですね~。まだまだみなさんのお写真をお待ちしています。ライブのご予約も!

|

2010年5月14日 (金)

さよなら、ロバロバカフェ。

一昨日の水曜日、経堂のすずらん通りにあるロバロバカフェが、幕を下ろした。

地方から東京へ遊びに来た友人にロバロバカフェのことを聞かれるといつも、「東京ではとても貴重な店なんだよ」と説明した。何かを表現したい、感性あふれるものづくり人たちが作品を発表できるスタート地点として貴重だったし、良質なリトルプレスが揃うセレクトブックショップとして貴重だったし、何よりも、ロバロバカフェに行けば、"ぴよちゃん"ことオーナーのいのまたさんがいつもそこにいる、ということがとっても貴重だった。

ある人は何かしらの情報を得るために(例えば取材先を紹介してもらうとか)ぴよちゃんに会いに行き、ある人は美味しいコーヒーをいれてもらうためにぴよちゃんに会いに行き、ある人は暇をつぶすためにぴよちゃんに会いに行くわけだけれど、その誰もが、結局のところは、いつもお母さんのように深い懐で待っていてくれるぴよちゃんに、包んでもらうために行っていたのではないかと思う。

「お母さんのよう」と書いたけれど、ぴよちゃんはお母さんのような押し付けがましい優しさで接してくるわけではなく、どちらかというとドライで、時にはこちらが拍子抜けしてしまうほど、"さっぱり"しているところがある。それは最後まで同じで、店を閉じる直前の一週間は、宝塚のスターの引退公演みたいにたくさんの人がぴよちゃんに会いにロバロバカフェを訪れたけれど、みんながその終わりを惜しむなかで、当のぴよちゃんはやけにさっぱりとしていた。「ぴよちゃん、もうちょっとしんみりしようよ」と、僕は冗談まじりに言ったのだけれど、いつものようにぴよちゃんは、小鳥がきょとんとしたような表情を浮かべているだけだった。

でもさ、 ぴよちゃん。本当はぴよちゃんも、少しはしんみりしていたでしょ? もしそうじゃなかったとしても、その分僕たちがしんみりするからさ。あそこにはたくさんの思い出がありすぎるからね。

経堂駅を出て、決して賑やかとはいえないすずらん通り商店街を入り、どんどん、どんどん歩く。やがて、「本当にこの道であっているのかな?」と不安になるころ、その店は現れる。小さなお店の中には、いつも、眼鏡をかけた店主がひとり…。

ありがとう、ぴよちゃん。さよなら、ロバロバカフェ。

|

2010年5月13日 (木)

ウドのピクルス

Udo_2

気づかないうちに、ヒバリのカウンターにありました。 

|

2010年5月11日 (火)

uzuraの名刺入れ

Uzura_case_2 

靴作家uzuraのおふたりから、名刺入れが届きました。uzuraマークがかわいすぎますな。カラフルなのもいいし、黒も渋くていい感じ。手紙舎で販売しています。

|

2010年5月10日 (月)

新しい古本(という言い方もおかしいけど)、入ってます!

Cookingbook

週末は、古書モダン・クラシックの古賀夫妻が、新しい本を持ってきてくれます。これは、土曜日に持ってきてくれた本のうちの一冊。気になるでしょ? 中身もとってもいいかんじです。

|

2010年5月 7日 (金)

チャンネル三輪舎、放送延期のお知らせ

U1

5月13日(木)に予定しておりましたチャンネル三輪舎の生放送が延期になります。いろいろな企みを考えている中で、もう少し準備の時間が必要と判断いたしました。楽しみにしてくださった方、本当にごめんなさい。次回の放送は6月を予定しています。詳細は決まり次第お知らせします。どうぞご了承くださいませ。

|

2010年5月 6日 (木)

うどんって、どうしてこうもうまいんでしょうね。こんな笑顔になるわけです。

Sekine_udon_2

5/3~5/5は、マンモス・パウワウに参加のため、西湖に行って参りました。今年は、HOME.の、古田陽子さんが中心のごはんチーム。本業は(きっと)、僕たちと同じ編集者の古田さん。テキパキとして、テンパらず、いつも楽しそうで素晴らしい。もちろん、ごはんもとってもおいしかった。これはまた素晴らしい人材を発見してしまった(笑)。

写真は昨日の帰り道、みんなで立ち寄った富士吉田うどんの某店にて、冷やしうどんを食するセキネさん。このお店、里山のふもとにある、プレハブ小屋のうどん屋さん。周りは田んぼで、窓からは富士急大月線の電車が走るのが見えるのどかな場所。隠れ家ムード満点です。

いつもなら、白須うどん(きっと日本一コシがあるうどん)に行くのですが、この日はこちらへ。個人的にはかなり気に入りました。たかちゃんうどん、おすすめです。

さて、5月の手紙舎のメインイベントは、小谷田潤氏の個展。最終日には、tico moonの特別ライブを行います。何が特別かというと、今回の個展のために初めて小谷田氏が作る、楽器が登場。その楽器を皆さんに手にしてもらい、tico moonと一緒に演奏をしてもらおうという企画なのです。本日から予約受付を開始しましたので、詳しくは特別ブログをどうぞ!

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »