たのしみ。たくらみ。

2011年1月31日 (月)

「今日のお手紙」リニューアルします。

手紙舎「遅れて来た新春フリマ」にお越し下さった皆さん、どうもありがとうございました。初めての試みで反省点も多いのですが、今回の経験を活かし、1年に1度、このようなイベントができるといいな、と思っています。出品して下さった友人たち、そして、岐阜からかけつけてくれたまっちんにも感謝。

さて、本日のお手紙にも書きましたが、2011年2月3日をもちまして、手紙社のwebサイト「今日のお手紙」をリニューアルします。それに伴い、本ブログも「今日お手紙」に統合される形となります。リニューアル後しばらく、本ブログは存在しますが、その後閉鎖する運びとなりますのでご了承くださいませ。

|

2011年1月25日 (火)

「遅れてきた新春フリマ」出品者発表です!

_mg_4552

いよいよ、今週の金曜日からはじまる「遅れてきた新春フリマ」。出品者の方々が続々と名乗りを挙げてくれましたよ。そのメンバーは、料理家、デザイナー、イラストレーター、クリエイターなどさまざまな分野で活躍している方々から、もみじ市スタッフの面々まで。その出品者をご紹介いたします!

◆「遅れてきた新春フリマ」出品者(予定。敬称略)
秋月 康(もみじ市スタッフ)
石川理恵(ライター)
石坂しづか(イラストレーター)
植松良枝(料理研究家)
江沢香織(ライター)
大江田翠(もみじ市スタッフ)
甲斐みのり(文筆家)
神定清美(もみじ市スタッフ)
古書モダンクラシック(古書店)
清水香里(もみじ市スタッフ)
トミヤマトモミ(料理研究家)
西本奈々子(もみじ市スタッフ)
葉田いづみ(デザイナー)
早川絵梨(もみじ市スタッフ)
フォトノスタルジア(クラシックカメラ店)
古道具あきすけ(古道具店)
フルタヨウコ(料理家・編集者・写真家)
水縞(文房具)
吉川紙商事(紙)
吉野友加(tico moon)
Rui(フェルト作家)
ワタナベマキ(料理家)
手紙社

ほか。

まだまだ増えるかも!  そして、日曜日には特別ゲストが!

どんな商品が集まるか…。お楽しみに!

ちなみに、写真はフェルト作家Ruiさんが出品してくれたアウトレット作品の数々。うーん、魅力的!

「遅れてきた新春フリマ」開催概要
◆日時:1/28(金)~1/30(日)の3日間 11:45〜16:00
◆会場:「手紙舎とヒバリ」裏の小屋にて

お問い合わせは手紙舎まで。
tel:042-426-4383
otegami@tegamisha.com

|

2011年1月 5日 (水)

仕事始め。

Photo

あけましておめでとうございます。
手紙社も本日より仕事始め。まず最初の仕事として、今年の年間スケジュールを確認しました。
黒板に書き出してみると、やるべき仕事で黒板が埋め尽くされるという…
楽しみがいっぱいの一年がスタートです。

|

2011年最初のお手紙を皆様へ

あけましておめでとうございます。2011年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年最初のお手紙は、twitterでもちょっとつぶやいたお話です。「今日は死ぬのにもってこいの日」という本がありましたが、「年末年始は人生を噛みしめるのにもってこいの日々」ですよね。ゴールデンウィークや夏休みだとこうは行きません。年末年始のお休みにだけなぜか、「私の人生、このままでいいのかしら?」とか、「俺が”本当に”やりたいことって、何だろう?」なんてことを考える。これは、「終わり」と「始まり」がほぼ同時にやって来るこの季節だからこそ起きる現象なのかもしれません。

「今年こそ自分が本当にやりたいことをやるんだ!」と、このお正月に決意を新たにした方もいるでしょう。素晴らしい。しかし、多くの場合、数カ月も過ぎるとその決意は、「日常」という名の雑踏の中に紛れて消えてしまうものです。 それはなぜか? 僕はこう思います。「本当にやりたいこと」というのがどうも怪しい。本当にやりたいことならば、お正月に決意せずとも”やっている”のではないか。そもそも、「本当にやりたいこと」なんていうものは存在するのか?

例えばあなたは、今日の晩ご飯は何を食べたいと思っていますか? ハンバーグ? 焼き魚? カレーライス? うどん? パスタ? いろいろと食べたいものが思い浮かぶでしょう。でも「本当に食べたいものは何ですか?」と聞かれたら、ちょっと困ってしまいませんか? 「どれかひとつに決めなければいけないのなら、うーん、パスタ」と、最終的にあなたは言うはずです。

これと同じことが「やりたいこと」にも言える気がするのです。パスタも食べたければ、焼き魚もカレーライスも食べたいような気がするのが僕たちです。だから、「本当にやりたいことをやるべきだ」みたいなロジックには惑わされないほうがいい。「やりたいこと」というのはかなり移り気な奴で、その時の状況によってさまざまに変化するのです。ならばそれを楽しむ。とにかく今晩はパスタを食べてみる。結果的に、食べたパスタがまずかったとしても、それはやがて、血となり、肉となるのです。

|

2010年12月27日 (月)

2010年最後のお手紙をみなさまへ

以前坂本龍一が、甲子園の開会式で「お客様に感動を与えるために全力でプレーします」と選手宣誓をした高校球児に対して、「教養がなさすぎる」と嘆いていたことがある。教授が言うように今の若者は…なんて話をするつもりは全くない。むしろ、僕たちはまだ若者ではないか、という話をしたいのだ。「そんなこと言ってキタジマさん、もう不惑でしょ」と言われそうだけど、あなたもなってみたらきっとわかるけれど40歳というのはまったくもってペーペーの若造なのですよ。僕はこの歳になってやっと、自分はこういうしごとをして生きて行けばいいんだ、と、なんとなくわかって来た。「こういうしごと」というのは、単なる職業や職種という概念とはちょっと違う。英語に「career」という言葉がある。日本後に訳される時は、「ある一つの仕事に従事した履歴」と訳されがちだけど、本来の意味は「一生を賭して従事している仕事」という意味合いが強い。そういう意味では、僕のキャリアはまだ始まったばかりなのだ。ね、若造でしょ?

20代〜30代前半の頃は、自分は何をしてどうやって生きて行ったらいいか、ということがわからずに焦ってばかりいたけれど、この歳になってちょっとだけわかって来た。たった20年や30年生きただけで「これが私の生きる道」なんて決められるものではないのだ。

まだまだ若造の僕は、言ってみればいがぐり頭の高校球児とほとんど同じレベルだ。「誰かを感動させるものをつくってやる!」なんて息巻いてみたところで、計算通りにうまくいくはずなんてない。せめてできるとすれば「自分が感動するものをつくる」ことだ。それは、他の人と同じものを”つくらない”ためのせめてもの策略でもある。僕は、自分を感動させるものをつくる。それがいつかきっと、誰かを感動させることができたらいいなと祈りながら。

2010年もありがとうございました。どうぞみなさん、素晴らしい新年を!

|

2010年12月21日 (火)

12月22日(水)は「とっておきの料理本&旅本つぶやき祭り」

プレゼントをご協賛いただきましたので、詳細を追加しました!!

賑やかだった手紙社の1年間を締めくくる「お祭り」のお知らせです。12月22日(水)に「とっておきの料理本&旅本つぶやき祭り」を行います! 「本」をテーマに、twitterとUstreamが連動したつぶやき企画。プレゼントもありますので、みなさん、今年最後のお祭りにどしどし参加してくださいねー。

以下に、詳細をお知らせします。

Photo_3

●9:00〜21:00「つぶやき祭り」!

ご自身のtwitterにログインしていただき、以下の質問に答える形でご参加ください。

【質問】
1. あなたの好きな「料理本」(お菓子づくりの本でもOK)を教えてください。その本の中で、特にオススメのレシピがあれば、そちらも教えてください。

例)
「高山なおみさんの『野菜だより』が好きです。なかでも夏野菜を干して、素揚げして使うカレーのレシピが大好きです! #ryoribon」

2. あなたの好きな「旅」の本を教えてください。旅がテーマのエッセイ・小説・ガイドブックなど、旅にまつわるおすすめの本を教えてください。

例)
「山本ゆりこさんの『チーズケーキの旅』。表紙がかわいい。こんなテーマで私も世界を旅してみたい! #tabibon」

*料理本をつぶやくときは「#ryoribon」、旅の本をつぶやくときは「#tabibon」と、必ず文末につけてつぶやいてくださいね(#をハッシュタグと呼びます)。ハッシュタグ(#)の前は半角スペースを開けてくださいね。
*料理本と旅本は別々につぶやいてくださいね。
*みなさんのつぶやきは、手紙社のtwitterアカウントからRT(リツイート)させていただきます。
*つぶやきの締め切りは21時までとさせていただきます。

●21:00〜23:00「手紙社ラジオ」放送!

手紙社ラジオでは、みなさんからいただたいたつぶやきを紹介しながら、番組内でベストつぶやき賞を発表。見事受賞した方々には、クリスマスプレゼントをお届けします。なんとありがたいことに、以下の皆さまから、プレゼントをご提供いただきましたよ!

01

きのこのほん』『世界のポスト』『かわいい印刷』(ピエブックス様より)
たまごの本』(松田美智子著・主婦と生活社様)
CREA』最新号旅特集(文芸春秋様)
サーカスの手ぬぐい(kata kata様)
アルバム『tico moon / Raspberry』『Winter Compilation』(333DISCS様)
アノダッテのクリスマスジャム(手紙社)
tico moon賞(ナイショ)
古書モダン・クラシック賞(ナイショ)

*tico moonさんと古書モダン・クラシックさんは、ラジオにゲスト出演。その場で賞を選んでくださいます。

さらに、本年度ナンバー1のクリスマスアルバムとの評価が高い、豪華アーティスト参加による「Christmas Songs」(アルバムプロデュース/伊藤ゴロー)をたっぷりと番組内でお聴かせします。クリスマスも間近ですからね。こちらもお楽しみに(手紙舎online shopから購入できますので、予習もかねてぜひ!)。

手紙社ラジオはこちら!
http://www.ustream.tv/channel/手紙社ラジオ
※上記ページにアクセスするだけでご視聴いただけます。

さて、なぜ「本」をテーマにしたつぶやき企画にしたかというと、来年、手紙社では本をテーマにした野外イベントを企画しているのです。このイベントをはじめ、来年手紙社が考えているびっくり企画も、手紙社ラジオで発表しちゃいますよ。お休み前に、みんなで盛り上がりましょう!

それでは、みなさんのご参加お待ちしています!

|

2010年12月20日 (月)

クリスマスライブ情報! tico moonからの贈りもの

昨夜のnaomi & goroクリスマスライブにお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。naomiさんの優しい歌声とゴローさんの心地よいギターの音色。お二人の楽しい話も弾み、お客様の笑顔が絶えない、温かな空気に包まれた時間でした。

そして23日(木)は、手紙舎&ヒバリで行われる今年最後のイベント「tico moonクリスマスライブ」が開催されます。なんと今回は、tico moonと手紙舎からのクリスマスプレゼント付き! tico moonのゆかさんから、プレゼントのお写真が届きましたよ。

Yukamoom

ゆかさんがひとつひとつ手編みで作ったオーナメントは、すべて色や柄が違うそう。とってもかわいらしいですね! 

クリスマスライブの詳細はこちら。ご予約、お待ちしております。

●tico moon クリスマスライブ
開催日:12月23日(木・祝)

Photo_ticomoon

◇Open/16:30
◇Start/18:00
◇Charge/3,000円+1DRINK(別料金)
◇ゆかムーンと手紙舎から、スイートな夜にぴったりのスイートなプレゼント付き!
◇開場から開演までの間、ごはん屋ヒバリのお食事やおやつをオーダーいただくことができます。

tico moon
ハープ奏者・吉野友加と、ギター奏者・影山敏彦によって結成されたデュオユニット。結成当初より、音の響き合う瞬間を何よりも大切にしながら演奏活動を行っている。昨年は「SOVAT THEATER」による、ストップモーションアニメーション『電信柱エレミの恋』
(第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第64回毎日映画コンクール大藤信郎賞受賞)の音楽を全編担当した。

---------------------------

◆お申し込み方法
お名前、ご連絡先、人数を明記のうえ、件名欄に「tico moonクリスマスライブ申し込み」とご記入の上、手紙舎までメール(otegami@tegamisha.com)をいただくか、お電話(042-426-4383)にてご予約ください。

◆お問い合わせ
手紙舎
TEL:042-426-4383 otegami@tegamisha.com
東京都調布市西つつじケ丘4-23-35-101

|

2010年12月15日 (水)

クリスマスライブのお知らせ。追加情報!

いよいよ来週にせまったクリスマスライブ。ここで、耳寄りなお知らせです!

12月23日(木・祝)に開催されるtico moonにお越しいただいたお客様に、なんと、ゆかムーンと手紙舎から、スペシャルプレゼントを差し上げます! ゆかムーンからは手作りのあんなものを、手紙舎からはスイートな夜にぴったりのスイートなこんなものを。まだ、お席をご用意できますので、ぜひご予約ください! 12月19日(日)開催のnaomi & goroクリスマスライブも、若干のお席がありますよ。どうぞ、お早めに!

クリスマスライブの詳細はこちら

|

2010年12月 1日 (水)

撮影の日。

Kyosho_2

今日は一日、寺澤巨匠と撮影の日。来週、手紙舎ショップに新たなるカテゴリーが加わります。それは、意外なジャンル? どうぞお楽しみに。


|

2010年10月19日 (火)

もみじは地球を救う

Momiji_tv

今晩は、チャンネル三輪舎にて「もみじ市TV スペシャル」を放送しました。最後までご覧になっていただいたみなさん、そして準備に忙しいなかゲスト出演してくださった総勢19組の出店者のみなさん、本当にありがとうございました! スタッフTシャツに袖を通し、改めて気が引き締まる思い。残すところあと3日。もうひとがんばりです。

|

より以前の記事一覧