« 成田理俊「鉄」 | トップページ | 和菓子工房まっちん「和菓子」+ぱんのきりん屋「ラッキーBREAD」(10日) »

イシイリョウコ「不思議の人形と小さな木の宝箱」

Ishiiryoko

さぁ、今年も、もみじ市がやってきた!
ほらあっちにも、こっちにも、美味しそうな匂い! 素敵な生活雑貨! あれあれ、そこにいるカワイコちゃんは誰かな? 憂いを帯びた瞳、不思議な衣をまとったお人形さんたち…、やぁやぁ今年もここに、勢ぞろい。イシイリョウコさんのお人形さんたちではありませんか!

イシイリョウコさんは、世界に羽ばたく(と私は信じている)大人気の人形作家&イラストレーター。私が初めてイシイさんの作品と出会ったのは、爽やかな秋空が広がる2年前のもみじ市。当時この市は、今と比べたら小規模で、素敵なお寺の境内をお借りして開催されていました。当日はお客さまがたくさん沢山いらしたので、場内は身動きができないほどの大混雑。

知り合いに誘われてちょっと見に来ただけのつもりが、人波にもまれて右も左も分からなくなってしまった私の目に飛び込んできたのが、そう、イシイさんのブースでした。初めてみるのにどこか懐かしい、可愛らしいのに妖艶なお人形さんたち。その子たちが爽やかな秋の木漏れ日の下で、じっとこっちを見ていました。楽しそうな、けだるそうな、魅惑的な表情で。まるでそこだけ時間の流れが止まっているような、涼しげな顔をして。

そんなイシイワールドが、今年ももみじ市にご登場です。今回のテーマ「宝さがし」を知ったとき、イシイさんは瞬間的にいろいろとアイデアが頭をよぎり、すぐに「不思議の人形たちと宝箱」という仮題が浮かんだといいます。早速イシイ工房(仮)の貴重なサポーターである、イシイさんのお父さまお手製の木箱に絵付けをして、宝箱をつくり、ご自身の人形たちを整列させて、幾度も写真を撮られて、誰よりも早く今回の作品を見せてくださいました。実はもみじ市の1週間前が作品展で、多忙を極める中でのご出店となるのですが、そのバイタリティーとアイディアの豊富さで、今年もわたしたちを、天高く、特別なイシイワールドに導いてくれること請け合いです。

あの美しくも愛らしい作品たちと、イシイ工房(仮)の素敵なご家族さまと、そしてイシイさんご自身とが、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

あぁ、なんて楽しみ!

*イシイリョウコさんに聞きました

Q1. 今回のもみじ市では、どんな作品を発表していただけるのでしょう?

3cmほどのものから大きいものまで、全て手縫いで作る人形たちをはじめ、ブローチやポストカードなどもりだくさんの予定です。

Q2. 「宝さがし」というテーマに合わせた作品があれば教えてください!

今回は不思議の人形たちとともに、小さな宝ものを入れられる木箱を作ります。思い出の品や、これから大切なものができたときに…、人形たちの棲家でも良いかもしれません。世界でたったひとつしかない、特別な箱にしていただけたらとても嬉しいです。

Q3. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?

わたしも宝ものを探しに行きたいです。きっとたくさん見つかるだろうから、困ってしまいそうだけど。

Q4. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!

秋空の下、たくさんの素敵な宝物たちをさがしに、どうぞ遊びにお越しください♪

*さて続きましては、三重県から初参加のお二組の登場。2年前からのオファーがやっと実り、もみじ市に出ていただけることに!

|

« 成田理俊「鉄」 | トップページ | 和菓子工房まっちん「和菓子」+ぱんのきりん屋「ラッキーBREAD」(10日) »