« petit a petit「パンのある風景」(11日) | トップページ | KURARI「お菓子の箱」(10日) »

あんざい果樹園「季節のおいしいところ」

Anzai

その果物を食べた時、福島育ちの私が子供の頃、親や先生に何度も聞かされた高村光太郎の妻、智恵子の言葉をふと思い出しました。
「福島には、本当の空がある」

ひと口入れた瞬間に、ぎゅっと伝わるおいしさは、果物の本当の味がして、育てた人の愛を想像させます。本当の空の下で、まっすぐに果物と向き合う人、あんざい果樹園の安斎伸也さんが、今年ももみじ市にやってきます!

福島県福島市にあるあんざい果樹園。夏には、みんなが大好きな桃、秋にはみずみずしい梨、濃厚な甘みの洋梨、冬には完熟りんごを購入できる直売所、その隣には、伸也さんのパートナー、明子さんが切り盛りする「Cafe in CAVE」と、伸也さんのお母さんである久子さんが営む「utsuwa gallery・あんざい」があります。

田舎の直売所といえば、手書きの看板、吹きっさらしの建物、人通りもまばらなイメージがありませんか? 田舎を離れた息子に、実家の農業を継がせたいお父さんがいたら、ぜひあんざい果樹園を紹介してください。その素敵な空間に、胸がときめき、農業ってかっこいい! と、そう思わずにはいられないのです。

「できる限りのことをしたい。ただそれだけ」と伸也さんは言います。
「農家としてここで生まれ育っているから、それをまっとうしたいんです。農家としての幸せを果物を通して、共有したい。でもね、つくるだけにはなりたくないんですよね。むだなこと、大好きです」

伸也さんのそんな想いを果物は知っている気がします。大切に育てられた果物は、おいしいという気持ちを私たちに伝えてくれるから…。

「都会で暮らしている人たちにとって、心のふるさとになりたいんです。田舎のおじいちゃん、おばあちゃんちから毎年お米が送られてくるような感覚で、果物を届けたい。そういう出会いや、つながりを大切にしたいです」と伸也さん。毎年届く果物に、季節を感じ、元気にやっているかな? と思いをはせる。なんて素敵なことでしょう。

みなさん、もみじ市では、福島でつくられた今年の味をぜひご堪能くださいね。 あんざい果樹園から季節の贈り物、愛のつまった果物がたくさん届きますよ。

*あんざい果樹園 安斎伸也さんに聞きました

Q1. 今回のもみじ市では、どんな作品を発表していただけるのでしょう?

季節のくだもの、林檎ジュース。

Q2. 「宝さがし」というテーマに合わせた作品があれば教えてください!

もみじ市で、沢山の人に出会い触れ合うことが、僕にとっての宝であるような気がする。

Q3. もみじ市をどんなふうに楽しみたいですか?

毎年増やす、寺澤さんの家族写真が楽しみかも(家族も増えたし)。
 
Q4. もみじ市の宣伝部長になったつもりで、来場されるお客さまにメッセージをお願いします!

素敵な宝が見つかりますように…。

*さて、おいしい果物に続いては、幻のチーズケーキが再び和歌山から!

|

« petit a petit「パンのある風景」(11日) | トップページ | KURARI「お菓子の箱」(10日) »